管仲伝 (「史記」管晏列傳より)

【現代語訳】

 

管仲夷吾は潁水のほとりの人である。

若い頃、常に鮑叔牙と交遊した。

鮑叔は管仲の賢能を知っていた。

 

管仲は生活が困窮しており、常に鮑叔を欺いていた。

しかし鮑叔は最後まで管仲を厚遇し、非難しなかった。

 

その後、鮑叔は斉の公子である小白に仕え、管仲は公子である糾に仕えた。

小白が立って桓公となるに及び、公子糾はは殺され、管仲も囚えられた。

鮑叔は桓公に進言して管仲を推薦した。

管仲は任用され、斉の政治に携わった。

そして斉の桓公は覇者となった。

斉が諸侯を九合して天下を秩序立てたのは、管仲の謀によってであった。

 

管仲は言った。

「私がまだ貧しかった頃、鮑叔と一緒に商売をしたことがある。利益を分ける時、自分が多く取るようにしたが、鮑叔は私を貪欲だとは思わなかった。私が貧しいことを知っていたからである。

私はかつて、鮑叔のために物事を謀ったが、さらに困窮してしまったことがある。しかし鮑叔は私を愚か者だとは思わなかった。時に、利と不利とがあることを知っていたからである。

私はかつて、三度仕官して、三度とも主君に放逐されたことがある。しかし鮑叔は私を不肖だとは思わなかった。私が時勢に合わなかっただけだということを知っていたからである。

私は三度戦場に行き、三度とも逃げたことがある。しかし鮑叔は私を卑怯者だとは思わなかった。私に老いた母がいることを知っていたからである。

公子糾が敗れたとき、共に公子糾に仕えていた召忽は死んでしまい、私は捕らえられ、投獄されて辱めを受けた。しかし鮑叔は私を恥知らずだとは思わなかった。私が小さな節義を恥とせず、功名が天下に顕れないことを恥としていることを知っていたからである。

私を生んでくれたのは父母だが、私を理解してくれるのは鮑子である」と。

 

 

鮑叔は管仲を桓公に推薦し、自分自身はその下の位についた。

その子孫は代々斉の禄を食み、十数代にわたり斉に封邑を保ち、常に名大夫であった。

天下の人々は、管仲の賢を称えるよりも、鮑叔が人物をよく理解していることを称えたのである。

 

 

管仲は政治に携わり、斉の宰相となった。

斉は小さな国で、海に面した辺境にあった。

交易によって財を貯え、国を富ませて兵を強くし、斉の土地の習俗に好悪を合わせた。

そこでそれを称して言った。

「国の穀倉が満ち足りれば、人々は礼節をわきまえるようになり、衣食が充分に満ち足りれば人々は栄辱を考えるようになる。

上の行動が法度に適えば、六親は堅固な関係となり、礼、義、廉、恥の四維が張りつめていなければ、国は滅亡する」と。

命令を下せば流水が原野を流れるように、民心に順応させた。

故に論議は卑近で実行し易かった。

 

民衆の望むものは、これを与え、民衆の否とするものは、これを取り去った。

そして政治を行うに、よく禍をきっかけとして福とし、失敗を転じて成功に導いた。

物事の軽重を重視し、慎重に釣り合いがとれるように心がけた。

 

 

実情としては、桓公が少姫を怒り、蔡を襲撃した。これを管仲は、楚を伐ち、包茅が周室に入貢されなくなったことを責めた。

実情としては、桓公が北の山戎を征伐した。これを管仲は、燕の召公の時代の政治を修めさせた。

柯の会盟のときに、桓公は曹沫との約束に背こうとしたが、管仲はその約束を守らせた。

 

こうしたことによって、諸侯は斉に帰順したのである。

 

故にこう言うのである。

「与えることが、結果として取ることになる。これを知ることが政治の要諦である」と。

 

 

管仲の富は斉の公室に比肩するほどであり、三帰、反坫といった諸侯が持つべき道具まで持っていた。

しかし、斉の人々は、管仲が傲っているとは思わなかった。

管仲が死んでからも、斉は管仲の政治に従い、常に諸侯の間において強国であった。

管仲の死後、百年余りして、晏子があらわれた。


【書き下し文】

 

管仲夷吾は潁上の人なり。

少(わか)き時、常に鮑叔牙と游ぶ。

鮑叔、其の賢を知る。

管仲貧困、常に鮑叔を欺く。

鮑叔、終に善く之を遇し、以て言を為さず。

已にして鮑叔、斉の公子小白に事(つか)へ、管仲、公子糾に事(つか)ふ。

小白立ちて桓公と為るに及び、公子糾死し、管仲囚(とら)はる。

鮑叔遂に管仲を進む。

管仲既に用ひられ、政に斉に於いて任ず。

斉の桓公以て覇たり。

諸侯を九合し、天下を一匡す。管仲の謀なり。

管仲曰く、

吾、始め困(くるし)む時、嘗て鮑叔と賈(こ)す。財利を分(わか)ち、多く自ら与ふ。鮑叔、我を以て貪と為さず。我が貧を知るなり。

吾、嘗て鮑叔の為に事を謀りて、更に困窮す。鮑叔、我を以て愚と為さず。時に利不利有るを知るなり。

吾、嘗て三(みた)び仕へ、三(みた)び君に逐(お)はれる。鮑叔、我を以て不肖と為さず。我が時に遭はざるを知る。

吾、嘗て三(みた)び戦ひ、三(みた)び走る。鮑叔、我を以て怯と為さず。我に老母有るを知る。

公子糾敗(やぶ)る。召忽之に死す。吾、幽囚せられて辱を受く。鮑叔、我を以て恥無しと為さず。我が小節を羞ぢずして、功名、天下に顕(あらは)れざるを恥じるを知る。

我を生む者は父母、我を知る者は鮑子なり、と。

鮑叔、既に管仲を進む。身を以て之に下(くだ)る。

子孫世(よ)よ斉に禄せられ、封邑を有(たも)つ者、十余世。常に名大夫為(た)り。

天下、管仲の賢を多とせずして、鮑叔能く人を知るを多とするなり。

管仲既に政に任じ、斉に相たり。

区区の斉を以て海濱に在り。

貨を通じ財を積み、国を富まし兵を強し、俗と好悪を同(おなじく)す。

故に其れ称して曰く、倉廩(そうりん)実(み)ちて礼節を知り、衣食足りて栄辱を知る。

上の服、度なれば、則ち六親固し。四維(しい)張らざる。国乃ち滅亡す。

令を下す、流水の原の如く、民心に順(したが)はしむ。

故に論、卑くして行ひ易し。

俗の欲する所、因て之に予(あた)へ、俗の否とする所、因て之を去(す)つ。

其れ政を為すや、善く禍に因て福を為し、敗を転じて功と為す。

軽重を貴び、権衡を慎む。

桓公実は少姫を怒す。南、蔡を襲ふ。管仲、因りて楚を伐ち、包茅、周室に入貢せざるを責む。

桓公実は北に山戎を征して、管仲、因て燕に召公の政を修めしむ。

柯の会に於いて、桓公曹沫の約を背せむと欲す。管仲、因りて之を信にす。

諸侯、是に由り斉に帰す。

故に曰く、与ふるは之取ると為るを知る。政の宝なり。

管仲、富、公室に擬し、三帰反坫有り。

斉人、以て侈と為さず。

管仲、卒す。斉国、其の政に遵ひ、常に諸侯に強し。

後、百余年にして晏子有り。


【原文】

 

管仲夷吾者。潁上人也。

少時常與鮑叔牙游。

鮑叔知其賢。

管仲貧困。常欺鮑叔。

鮑叔終善遇之。不以為言。

已而鮑叔事齊公子小白。管仲事公子糾。

及小白立為桓公。公子糾死。管仲囚焉。

鮑叔遂進管仲。管仲旣用。

任政於齊。

齊桓公以霸。

九合諸侯。一匡天下。管仲之謀也。 

管仲曰。

吾始困時。嘗與鮑叔賈。分財利。多自與。鮑叔不以我爲貪。知我貧也。

吾嘗爲鮑叔謀事。而更窮困。鮑叔不以我爲愚。知時有利不利也。

吾嘗三仕三見逐於君。鮑叔不以我爲不肖。知我不遭時也。

吾嘗三戰三走。鮑叔不以我爲怯。知我有老母也。

公子糾敗。召忽死之。吾幽囚受辱。鮑叔不以我爲無恥。知我不羞小節。而恥功名不顯于天下也。

生我者父母。知我者鮑子也。

鮑叔旣進管仲。以身下之。

子孫世祿於齊。有封邑者十餘世。常爲名大夫。

天下不多管仲之賢。而多鮑叔能知人也。

管仲旣任政相齊。

以區區之齊。在海濱。

通貨積財。富國彊兵。與俗同好惡。

故其稱曰。

倉廩實而知禮節。衣食足而知榮辱。

上服度。則六親固。四維不張。國乃滅亡。

下令如流水之原。令順民心。

故論卑而易行。

俗之所欲。因而予之。俗之所否。因而去之。 

其爲政也。善因禍而爲福。轉敗而爲功。

貴輕重。愼權衡。

桓公實怒少姬。南襲蔡。管仲因而伐楚。責包茅不入貢於周室。

桓公實北征山戎。而管仲因而令燕修召公之政。於柯之會。

桓公欲背曹沫之約。管仲因而信之。

諸侯由是歸齊。

故曰。知與之爲取。政之寶也。

管仲富擬於公室。有三歸反坫。

齊人不以爲侈。

管仲卒。齊國遵其政。常彊於諸侯。

後百餘年而有晏子焉。