飭令

【飭令 現代語訳】

 

命令を厳しく戒めれば法は守られ、法が行き渡っていれば官吏に姦悪をなす者はいなくなる。
法がすでに確定していれば、仁義の言説によって法が害されることなく、功績によって官職に任じれば民の不満の声は少なく、仁義の言説によって任じれば民の不満の声は多くなるだろう。

法を行うに、各地において処理するのがよく、五里四方ごとに処理できる者は王となれ、九里四方ごとに処理できる者は強国になれる。処理が長引くようでは国は削られるだろう。

刑罰によって罪を治め、賞によって兵を戦わせ、功績のあった者には爵禄を厚くして、術を用いる。
都城の姦悪を巡察すれば、都城の中に姦悪を働く商人はいなくなるだろう。
珍品や嗜好品が多く、農業を怠り、姦悪がはびこるなら、国は必ずや削られるだろう。

民に余分な食料があれば、その穀物を出させて、その労力によって必ず爵禄を与えるようにすれば、農業を怠るまい。
三寸の管も、底がなければ水を満たすことはできないのである。
官爵を授け俸禄を与えるのに功績によってせぬのなら、これは管の底がないのと同じことである。

国のうち、功績によって官位を授け爵位を与える。
これを多くの智恵を集めて計画し、武勇によって戦う、という。
こうした国には敵する者がいない。

国のうち、功績によって官位を授け爵位を与えるならば、治める者は無駄な手間が省け、無駄口をたたく者も少ない。
これを政治によって政治を簡潔にし、言説によって言説を簡潔にする、というのである。
ゆえに国の力は強くなり、天下でこの国を侵すものは無くなるのである。
兵を出せば必ず敵の領土を取り、取れば必ずこれを治めてよく保ち、出兵を抑えて他国を攻めぬときは必ず国力が富むのである。

朝廷の政治は細事にに至るまで過ちなく、功績を挙げて官爵を得、朝廷に対して偏った言説があっても、それによって人々を煽動させることはできない。
これを術数によって治める、というのである。

充実した国力で敵を攻めるのは、一を出して十を取り、役に立たない空論で敵を攻めるのは、十を出して百を失う。
国が富強を好むというのは、これによって敵が攻め難い国という。
国が言説を好むというのは、これによって敵が攻めやすい国という。

官吏としての能力によって職を与えられ、規律を守って力を尽くすことで仕事に任ぜらる。
臣は皆その能力に応じてその官職を全うし、任務はほどよく、余計なことを心に抱かず、兼任させられることもない。
ゆえに国内では君主を怨んで反乱を起こす者もなく、外国では偽りの服従による反乱の心配もない。
明君は命ずる仕事が互いに干渉しあって妨げぬように計らうので、もめ事が起きることもない。
役人には兼任をさせないので、専門的な技術に長ずる。
人に同じ仕事をさせないから、手柄争いも起こらない。
これを攻め難い国という。

刑を重くして賞を少なくしても、君主が民を愛するときは、民は少ない賞でも死を厭わない。
賞を多くして刑を軽くしても、君主が民を愛さないときは、民は重い賞でも死を避ける。
賞や禄などの利が君主からのみ出るときは、その国に敵する者はない。
利が君主のみでなく君主を含めて二つから出るときは、その国の戦力は半減する。
利が十箇所から出るようなときは、民は国を守らない。
重刑が民に明示され、法令によって人を使うならば、君主に利をもたらす。
刑を行うに軽い罪を重くすれば、軽い罪も犯さなくなり、重い罪はなおさら生じないだろう。
これを刑によって刑を抑える、という。
罪が重いのに刑が軽ければ、犯罪は次々に起こるだろう。
これを刑によって刑をなす、という。
そういう国は必ずや土地を削られるだろう。