主道

【主道 現代語訳】

 

道は万物の根元であり、是非の基本である。
そこで明君は根元を守って万物の源を知り、基本を治めて成否の原因を知る。ゆえに虚と静によって待つので、名の方から自ずと名乗らせ、事の方から自ずと定まっていく。
虚であればその実情がわかり、静であればその動きを正しく知ることができる。

意見がある者は自分からその説を申告し、仕事をする者は自分から実績を出す。
この実績と申告とを照らし合わせて比べれば、君主は労せずしてその実情を明らかにすることができる。

だから言うのだ。
君主は望むことを見せてはならない。君主が望みを見せれば臣下は自分を飾り立てようとする。
君主は意志を知られてはならない。君主が意志を示せば臣下はそれに合わせようと自分を変えて見せようとする、と。
また、こうも言う。
君主が好悪を隠せば臣下は本性をあらわし、君主が賢智を隠せば臣下は自ら慎重に考えるようになる、と。

故に明君は、己に智恵があっても思慮せず、すべてにその分際をわきまえさせ、己に賢才があっても実行せず、臣下の行動の根本を観察し、己に武勇があってもふるわず、群臣にその武勇を尽くさせる。
つまり智恵を隠してこそよく目がきき、賢才を隠してこそ功績が増え、武勇を隠してこそ強くなるのだ。
群臣が己の職分を守り、百官は基準に従い、能力に応じて仕事を割り振る。
これを習常と言う。

だから言うのだ。
ひっそりとして何処にいるのか、ひっそりとしていてその居場所がわからず、君主は何もしていないのに、群臣は恐れる、と。

明君の道は智者に思慮を尽くさせ、それによって事を判断するので、智恵に困ることがない。
賢者が自分から能力を示すので、それによって任命するので、能力に困ることがない。
功績があれば君主は人を使うのに賢いと言われ、過失があれば臣が罪を負うので、名誉に困ることがない。
このため、君主が不賢であっても賢者を使い師となり、不智であっても智者を使い長となる。
臣下はその労力を使い、君主はその成功を得る、これを賢君の道というのである。


道は目に見えるものではなく、その作用も人知れず営まれている。
君主は虚静にして何かしているということなく、暗い処から明るい処を見るようである。見ても見ず、聞いても聞かず、知っても知らないとする。
ただし臣下の言説を聞き知ったときは、その言説を変えず、改めず、形名参同によってこれを検証すべきである。一つの官職に一人を就け、他の官職と言説を通じさせず専念させると、全ての実情が明らかになるだろう。

君主は自分の事跡を覆い隠し、そのきざしを隠せば、臣下に君主のことを探り知ることはできない。君主は自分の智恵を隠し、才能を示さなければ、臣下に君主のことを測り知ることはできない。
君主は臣下の申告した言説を覚えておき、実績と照らし合わせ、しっかりと急所を握り、臣下の野望を絶ち、その悪意を打ち破り、人にそうした野望を起こさせないようにすべきである。

その防ぎをしっかりとせず、その備えを固くせねば虎が出るだろう。
その事を軽く扱ったり実情を隠さねば賊が出るだろう。
主を殺めてその地位を取って代わったら、人々はそれに服従せざるを得ない。
だからこれを虎だと言うのだ。
主の側にいて、姦臣のためにその主の秘密を探る。
だからこれを賊だと言うのだ。
そこでその姦臣の徒を解散させ、残党を処罰し、防備を固め、姦臣を輔ける者を取り去れば国から虎はいなくなるだろう。
大きさを推し量ることもできず、深さを測ることもできないようにし、形名参同によって調べ、法にそって照らし合わせ、自分勝手に振る舞う者を罰すれば、国から賊はいなくなるだろう。


このことから、君主には五壅というものがある。
つまり、臣が主の耳目を塞ぐこと、臣が国の経済を抑えること、臣が独断で命令を発すること、臣が道徳の基準を決めること、臣が自分の周りに人材を集めること、これら五つが壅である。

臣が主の耳目を塞ぐと主は盲目となり、臣が国の経済を抑えると主は恩徳を失い、臣が独断で命令を発すると主は統制を失い、臣が道徳の基準を決めると主は名誉を失い、臣が自分の周りに人材を集めると人材を失う。
これらは主が独占すべきものであり、臣が操るべきものではない。


君主の道とは、静かに構え、退いてうかがうことを宝とし、自ら事を起こさずとも、臣下の行いの巧拙を知り、自ら計り思慮せずとも、臣下の行いが福となったか否かを知る。こうして君主が言わずとも臣下はよく意見を出し、約束せずともよく才を示す。
臣下の意見を出してくればその証拠をとり、仕事で才を示せばその証拠をとる。
意見の内容の証拠と実績の内容の証拠とを合うかどうか調べ、それによってその臣下への賞罰が決めるのである。

故に群臣は意見を述べ、君主はその意見によって職を授け、その仕事によって実績を求める。
実績が職と合い、当初の意見に合っていれば賞を与える。
実績が職と合わず、当初の意見に合っていなければ罰する。
名君の道においては、臣は意見を述べたら必ず実行せねばならないのだ。
つまり、明君が賞を与えるときは、温情溢れること恵の雨の如く、臣民みながその恩恵を受ける。
罰を与えるときは、畏怖すること雷の如く、いかなる聖人であってもそれを止めることはできないのだ。
よって名君は賞を出し惜しむことなく、罰を赦すこともない。

賞を出し惜しみすると功績をあげた臣下も務めを怠るようになり、罰を赦すと姦臣は悪事をなしやすいだろう。
故に、もし功績があれば身分の卑しい者であっても必ず賞し、もし過ちがあれば近親者であっても必ず罰する。
身分の卑しい者でも必ず賞し、近親者であっても必ず罰すれば、身分の卑しい者でも怠らず、近親者であっても驕ることがないのである。


【主道 書き下し文】

 

道は万物の始め、是非の紀なり。
是を以て明君、始(はじめ)を守り、以て万物の源を知り、紀を治めて以て善敗の端を知る。
故に虚静以て待ち、令、名をして自ら命ぜしむ。
事をして自ら定めしむ。
虚なれば則ち実の情を知る。
静なれば則ち動の正を知る。

言有る者、自ら名を為す。
事有る者、自ら形を為す。
形名参同すれば、君乃ち事無し。
之を其の情に帰す。

故に曰く、君、其の欲する所を見(あらは)す無かれ。
君、其の欲する所を見(あらは)さば、臣自ら将に雕琢(ちょうたく)せんとす。
君、其の意を見(あらは)す無かれ。
君、其の意を見(あらは)さば、臣将に自ら表異せんとす。

故に曰く、好を去り、悪を去り、臣、乃ち素を見(あらは)す、と。
旧を去り、知を去り、臣、乃ち自ら備ふ。

故に智有りて以て慮らず、万物をして其の処を知らしむ。
行有りて以て賢とせず。
臣下の因(よ)る所を観る。
勇有りて以て怒らず、群臣をして其の武を尽くさしむ。
是の故に智を去りて明有り。
賢を去りて功有り。
勇を去りて強有り。
群臣職を守り、百官常有り。
能に因(よ)りて之を使ふ。
是を習常と謂ふ。

故に曰く、寂乎(せきこ)として其れ位無くして処る。
漻乎(りょうこ)として其の所を得る莫し、と。
明君、上為す無くして、群臣、下に竦懼(しょうく)す。


明君の道、智者をして其の慮を尽さしめて、君因(よ)りて以て事を断ず。
故に君、智に窮せず。
賢者、其の材を勅(いた)し、君因(よ)りて之に任ず。
故に君、能に窮せず。
功有れば則ち君其の賢を有し、過(あやまち)有れば則ち臣其の罪に任ず。
故に君子、名に窮せず。
是の故に不賢にして賢者の師と為り、不智にして上智者の正と為る。
臣、其の労を有し、君、其の成功を有す。
此れ之、賢主の経と謂ふなり。


道は見る可からざるに在り。
用は知る可からざるに在り。
虚静にして事無く、闇を以て疵を見る。
見て見ず。聞きて聞かず。知りて知らず。
其の言を知りて以て往き、変ずる勿れ、更(あらた)むる勿れ。
以て参合して閲せよ。
官一人有り。
言を通ぜしむる勿れ。
則ち万物皆尽く、其の跡を函掩(かんえん)し、其の端を匿さば、下、原する能はず。

其の智を去り、其の能を絶たば、下、意(はか)る能はず。
吾が往く所以を保ちて之を稽同し、謹みて其の柄を執りて固く之を握り、其の望を絶ち、其の意を破り、人をして之を欲せしむる毋(なか)れ。

其の閉を謹まず、其の門を固くせずんば、虎乃ち将(まさ)に存せんとす。
其の事を慎まず、其の情を掩(おほ)わずんば、賊乃ち将(まさ)に生ぜんとす。
其の主を弑し、其の所に代わる。人、与(くみ)せざる莫し。故に之を虎と謂ふ。
其の主の側に処り、姦臣の為に其の主の忒(とく)を聞(うかが)ふ。
故に之を賊と謂ふ。
其の党を散じ、其の余りを収め、其の門を閉じ、其の輔を奪へば、国乃ち虎無し。
大、量る可からず、深、測る可からず。
形名を同合し、法式を審験し、擅に為す者誅すれば、国乃ち賊無し。


是の故に人主、五壅有り。
臣其の主を閉づるを壅と曰ひ、
臣財利を制するを壅と曰ひ、
臣擅(ほしいまま)に令を行ふを壅と曰ひ、
臣義を行ふを得るを壅と曰ひ、
臣人を樹(た)つるを得るを壅と曰ふ。

臣、其の主を閉づれば則ち主、明を失す。
臣、財利を制すれば則ち主、徳を失ふ。
臣、擅に令を行へば則ち主、制を失す。
臣、義を行ふを得ば則ち主、名を失ふ。
臣、人を樹(た)つるを得ば則ち主、党を失ふ。
此れ人主の独り擅にする所以なり。
人臣の操るを得る所以に非るなり。


人主の道、静退以て宝と為す。
自ら事を操(と)らずして、拙と巧とを知る。
自ら計慮せずして、福と咎とを知る。
是を以て言はずして善く応じ、約せずして善く増す。
言已に応ずれば則ち其の契を執る。
事已に増せば則ち其の符を操る。
符契の合する所、賞罰の生ずる所なり。

故に群臣、其の言を陳し、君其の言を以て其の事を授け、其の事を以て其の功を責む。
功其の事に当たり、事其の言に当たれば則ち賞し、功其の事に当たらず、事其の言に当たらずんば則ち誅す。
明君の道、臣言を陳して当たらざるをえず。
是の故に明君の賞を行ふや、曖乎、時雨の如し。
百姓其の沢を利す。
其の罰を行ふや、畏乎、雷霆の如し。
神聖も解く能はざるなり。
故に明君、賞を偷(も)する無く、罰を赦す無し。


賞偷(も)すれば則ち功臣其の業に墯(をこた)る。
罰赦さば則ち姦臣非を為し易し。
是の故に誠に功有れば、則ち疏賤と雖も必ず賞し、誠に過有れば、則ち近愛と雖も必ず誅す。
近愛必ず誅すれば、則ち疏賤の者怠らずして、近愛の者驕らざるなり。


【主道 原文】

 

道者萬物之始。是非之紀也。

是以明君守始。以知萬物之源。

治紀以知善敗之端。

故虛靜以待。令令名自命也。

令事自定也。

虛則知實之情。

靜則知動之正。

 

有言者自爲名。

有事者自爲形。

形名參同。君乃無事焉。

歸之其情。

 

故曰。君無見其所欲。

君見其所欲。臣自將雕琢。

君無見其意。

君見其意。臣將自表異。

 

故曰。去好去惡。臣乃見素。

去舊去知。臣乃自備。

 

故有智而不以慮。使萬物知其處。

有行而不以賢。

觀臣下之所因。

有勇而不以怒。使羣臣盡其武。

是故去智而有明。

去賢而有功。

去勇而有强。

羣臣守職。百官有常。

因能而使之。

是謂習常。

 

故曰。寂乎其無位而處。

漻乎莫得其所。

明君無爲於上。羣臣竦懼乎下。

 

明君之道。使智者盡其慮。而君因以斷事。

故君不窮於智。

賢者敕其材。君因而任之。

故君不窮於能。

有功則君有其賢。有過則臣任其罪。

故君子不窮於名。

 

是故不賢而爲賢者師。不智而爲上智者正。

臣有其勞。君有其成功。

此之謂賢主之經也。

 

道在不可見。

用在不可知。

虛靜無事。以闇見疵。

見而不見。聞而不聞。知而不知。

知其言以往。勿變勿更。

以參合閱焉。

官有一人。

勿令通言。

則萬物皆盡。函掩其跡匿其端。下不能原。

 

去其智絕其能。下不能意。

保吾所以往而稽同之。謹執其柄而固握之。絕其望。破其意。毋使人欲之。

 

不謹其閉。不固其門。虎乃將存。

不愼其事。不掩其情。賊乃將生。

弑其主代其所。人莫不與。

故謂之虎。

處其主之側。爲姦臣聞其主之忒。

故謂之賊。

散其黨。收其餘。閉其門。奪其輔。國乃無虎。

大不可量。深不可測。

同合刑名。審驗法式。擅爲者誅。國乃無賊。

 

是故人主有五壅。

臣閉其主曰壅。

臣制財利曰壅。

臣擅行令曰壅。

臣得行義曰壅。

臣得樹人曰壅。

 

臣閉其主則主失明。

臣制財利則主失德。

臣擅行令則主失制。

臣得行義則主失名。

臣得樹人則主失黨。

此人主之所以獨擅也。

非人臣之所以得操也。

 

人主之道。靜退以爲寶。

不自操事。而知拙與巧。

不自計慮。而知福與咎。

是以不言而善應。不約而善增。

言已應則執其契。

事已增則操其符。

符契之所合。賞罰之所生也。

 

故羣臣陳其言。君以其言授其事。以事責其功。

功當其事。事當其言則賞。功不當其事。事不當其言則誅。

明君之道。臣不陳言而不當。

是故明君之行賞也。曖乎如時雨。

百姓利其澤。

其行罰也。畏乎如雷霆。

神聖不能解也。

故明君無偷賞。無赦罰。

 

賞偷則功臣墯其業。

罰赦則姦臣易爲非。

是故誠有功。則雖疏賤必賞。誠有過。則雖近愛必誅。

近愛必誅。則疏賤者不怠。而近愛者不驕也。