内儲説 下

【内儲説 下 現代語訳】

 

六微とは。

一、君主の権限を下に貸し与える。
二、君臣の利害が反して臣が外国の力を借りる。
三、類似を利用する。
四、それぞれの利害が反する。
五、紛らわしい地位を与えて朝廷内で勢力争いをする。
六、敵国の干渉で大臣が任免される。

この六つのことに君主は注意すべきである。

権勢は臣下に貸し与えてはならない。
君主にとって一の損失でも、臣下にとっては百の利益になる。
だから臣下が君主の権勢を借りることができれば、その勢力は多く増え、勢力が多くなれば、内政外交共にその臣下に便宜を図り、そうなれば、君主の耳目は塞がれてしまう。
その例は老聃の、魚を失う、という言葉の通りである。これはまた、君主が長話しをする話、近臣が手布を売った話もある。この害としては、胥童が厲公を諌めた話、州侯の一言、燕の人が犬の糞を浴びた話がある。
これが「権借」である。

君主と臣下とでは利害が異なる。
だから臣下に忠はない。臣下の利が達せられると君主の利は滅びる。
そこで姦臣は外国の兵力を招き入れて自国内の己の害を除き、外交について論じたて君主の耳目を眩まし、少しでも私利を増やそうとし、国の害など顧みもしない。
その例は衛の夫婦が祈願した話に挙げられる。また戴歇が子弟に相談した話、三桓が昭公を攻めた話、公叔が斉軍を手に入れた話、翟黄が韓の兵を引き入れた話、太宰嚭が大夫種に説いた話、大成午が申不害に教えた話、司馬喜が趙王に告げた話、呂倉が秦と楚を和睦させた話、宋石が衛君に手紙を送った話、白圭が暴譴に教えた話なども挙げられる。
これが「利異」である。

類似を利用するとは、君主が罰を誤ったことで、大臣が私欲を成すことである。
その例は門番が水を捨てて夷射が誅せられた話、斉陽君がわざと偽って二人が罰せられた話、司馬喜が爰騫を殺したので季辛が誅された話、鄭袖が王の悪臭を言って新しい妾が鼻削ぎの刑にされた話、費無忌が郄宛に教えて令尹が誅された話、陳需が張壽を殺して犀首が逃げた話がある。
また、小屋を焼いて中山王が公子を罰した話、済陽君が老いた儒者を殺して賞せられた話も挙げられる。
これが「似類」である。

事が起きてそれが利益になるならば、その利益を受ける者がこれを操っているのであり、それが害になるならば、反対の害を受けない者について考えねばならない。
だから明主は事を考える際には、国の害はについてはその利益を受ける者を調べ、臣下が被る害については反対に利益を得る者について考察するのだ。
その例は、楚の兵が攻めてきて陳需が宰相になる話、黍の値が上がり蔵の役人が調べられる話が挙げられる。
また、昭奚恤は茅を売る者を捕らえ、昭僖侯が副長を詰問した話、文公の焼いた肉に髪の毛がついていた話、穣侯が帝を立てるよう進言した話もある。
これが「有反」である。

勢力争いは内乱が起こる原因である。
だから明主はこれを警戒する。
その例は、晋の驪姫が太子の申生を殺した話、鄭の夫人が毒薬を用いた話、衛の州吁がその君完を殺した話、公子根が東周を取った話、王子職が甚だ寵愛を受け、商臣が乱を起こした話、厳遂と韓廆が争って哀侯が遂に賊に殺された話、田常、闞止、戴驩、皇喜が争って、宋の君と斉の簡公が殺された話が挙げられる。
また、狐突が君の二つの好みを説いた話、鄭昭が太子がまだ生まれていないと答えた話もある。
これが「参疑」である。

敵国が狙っているのは、相手国の君主の明察を妨げ、朝廷を堕落させることである。
だから君主がそれを見抜かねば、敵が付け入って大臣を任免するだろう。
その例は、文王が費仲を助成した話、秦王が楚の使者を憂えた話、黎且が仲尼を去らせた話、干象が甘茂を妨げた話が挙げられる。
また、子胥が宣言して子常が用いられた話、美人を受けて虞虢が亡びた話、偽って書を送り萇弘が死んだ話、雞猳の血を用いて鄭の優れた者たちが皆殺しにされた話もある。
これが「發置」である。

勢力争いや敵国による自国の大臣の任免について、明主は自国では行わせないようにし、他国に行わせる。
他国の大臣の勢力が軽いならば助ける。これを廟攻という。
臣下の言行を突き合せる術は国内で用い、観聴を外国に対して行えば、敵の偽りも分かる。
その例は秦の侏儒が恵文君に告げた話が挙げられる。
また、襄疵が、趙が鄴を襲おうとしていると言った話、嗣公が県令に敷物を与えた話もある。
これが「廟攻」である。


第一
権勢を重くすることは君主にとって淵のようなものである。そして臣下は重い権勢に住まう魚である。魚を淵から逃がしてしまえば、再びその魚を得ることができないように、君主がその重い権勢を臣下に対して失ってしまえば、その臣下を再び得ることはできない。
古の人はこれをはっきりと言うことを憚り、魚に例えて言ったのである。
また賞罰の権限は便利な道具である。君主がこれを握れば臣下を制御することができるが、臣下がこれを得てしまうと君主は塞ぎ込まれてしまう。
ゆえに君主がこれから賞する者について先に臣下に示せば、その臣下はその者に近づき恩を売り、君主がこれから罰する者について先に臣下に示せば、その臣下はその者に近づき脅す。
ゆえに、国の便利な道具、利器は人に見せてはならない、と言うのだ。

靖郭君は斉の宰相である。靖郭君が昔馴染みと長話をすれば、その昔馴染みは富み、左右の近臣に手布を与えれば、その近臣は他の人から重く扱われた。
長話やと手布を与えられることは小さなことだが、それでも富み、重きを得る。ましてや便利な権勢を得た場合など言うまでもない。

晋の厲公の時、六大臣の地位が高かった。胥僮と長魚矯が厲公を諫めて言った。
大臣の地位が高く強いと、君主に敵対し争って外国に自分の勢力を作り、下は国の法を乱し、上は君主を脅かします。これで国が危うくならなかったことなどございません、と。
厲公はその通りだ、と言い、三大臣を誅殺した。
胥僮と長魚矯は再び諫めて言った。同じ罪の者を一部だけ誅殺し、全てを誅殺しないのは怨みを抱かせ、時間を与えるだけです、と。
厲公は言う。私は一朝にして三大臣を誅殺した。六大臣全てを誅殺するには忍びない、と。
長魚矯は答えて言った。厲公が忍びなくても、彼らは忍びましょう、と。しかし厲公は聴かなかった。
そのまま三カ月が過ぎて、残った三大臣は反乱を起こし、遂には厲公を殺して、その土地を分け合った。

州侯は楚の宰相である。位が高く、政治を専断していた。楚王は州侯を信用できなくなり、左右の近臣に州侯のことを尋ねた。左右の近臣は皆、疑わしいことなどありません、と答える。
まるでひとりの口から出た言葉のようであった。

燕の人で気がふれたわけでもないのに、犬の糞を浴びた男がいた。
その燕の人の妻が他の男と私通していた。夫が早く外から帰ってきたとき、たまたま男が出てきた。
夫が、どこの客人か、と問うと、妻は、客など来ていない、と言う。左右の者に問うても、皆が客は来ていないと言う。まるでひとりの口から出た言葉のようであった。
妻は言う。あなたは気がふれたのです、と。そこでまじないとして犬の糞を浴びせた。
また一説に、こう言う。
燕の人で李季は旅を好んでいた。妻がある男に通じた。季が急に帰宅したとき、男はまだ家にいたので、妻は困った。
するとその下使いの女が言った。この方に裸になって髪を振り乱して門から出させてください。私たちは何も見なかったと偽ります、と。
そこで男はその計略に従い、さっと走って門を出た。
季は言った。あれは誰か、と。
家の者たちは皆、誰もいません、と言う。
季は言った。私は幽霊でも見たのだろうか、と。
女が言う。きっとその通りです、と。
季は、どうすればよいか、と尋ねた。
女は言う。五牲の糞を集めて浴びなさいませと。
季は、わかった、と言い、五牲の糞を浴びた。また、蘭の湯を浴びたとも言われている。

第二
衛の人で、ある夫婦が神に祈った。
祈って言うには、どうか我々に災いなく、百束の織物を得られますように、と。夫が言った。やけに少ないな、と。妻が答えて言うに、これより多く得ると、あなたは妾を買おうとするでしょう、と。

楚王が公子たちを隣の国々へ仕官させようとした。
戴歇が言った。それはいけません、と。すると王は言う。公子を近隣諸国に仕官させれば近隣諸国は必ず大切にするだろう、と。戴歇は言う。子は大切にされると、その大切にした国を贔屓にするでしょう。これは子に外国との取引を教えることになり、よろしくありません、と。

魯の孟孫、叔孫、季孫は、力を合わせて主君である昭公を脅かし、ついにその国を奪って、その政権をほしいままにした。
その魯の三桓が昭公を脅かすので、昭公はまず季孫氏を攻めた。
すると孟孫氏と叔孫氏が共に相談して言うには、季孫を救おうか、と。叔孫氏の御者が言うに、私は大臣の家臣です。朝廷のことなど知りませぬ。季孫氏があるのとないのとでは、我々にとってどちらが有利でしょうか、と。
皆が言う。季孫氏が滅べば、叔孫氏も滅びよう、と。それならば季孫氏を救いましょう、と。
そこで西北の隅から突き入った。孟孫氏は叔孫氏の旗が攻め入るのを見て、また季孫氏を救って、三桓がひとつとなった。
昭公は勝つことができず、ついに斉へ行き、そのまま乾侯で死んだ。

公叔は韓の宰相であり、斉でも功績があった。また公仲ははなはだ韓王に重んぜられていた。
公叔は、韓王が公仲を宰相にするのではないかと心配した。そこで斉と韓とで盟約をして魏を攻めようと画策した。公叔はこれによって斉軍を韓の都の鄭へ引き入れ、韓王を脅かし、公叔自身の地位を固め、斉と韓との盟約も果たした。

翟璜は魏王の臣である。また、韓とも親しかった。そこで韓の兵を手引きし、魏を攻めさせ、願い出て魏王のために和平を講じ、自分の地位を重くした。

越王勾践が呉王夫差を攻めた。
呉王は謝して降服を申し出た。越王はこれを許そうとした。
范蠡と大夫種は言った、いけません、昔、天が越を呉に与えたとき、呉は受けませんでした。ゆえに今、天は夫差に味方せず、天罰を受けているのです。今、天は呉を越に与えようとしているのです。再拝してお受けなさいませ。降服を許してはいけません、と。
大宰嚭が大夫種に書を送って言うに、狡猾な兎が皆捕まれば、優秀な犬でさえ煮て食われ、敵国が滅びれば、参謀の臣も滅んでしまいます。大夫、どうか呉を許して越の心配事を取り去るのです、と。
大夫種は書を受け取って読み、大きく嘆息して言った。殺してしまおう、越と呉は同じ運命なのだ、と。

大成午が自国の趙から韓の申不害に宛てて言うには、韓との外交の力で私の趙での地位を重くしてくれれば、趙の力であなたの韓での地位を重くしましょう。そうすればあなたには韓が二つあり、私には趙が二つあることになります、と。

司馬喜は中山王の臣下である。そして趙とも親しかった。そこで常に中山の計画を、ひそかに趙王へ知らせていた。

呂倉は魏王の臣下である。そして秦と楚とも親しかった。そこでひそかに秦と楚を誘い、魏を攻めさせておいて、自分で講和を結び、自分の地位を重くした。

宋石は魏の将である。衛君は楚の将である。両国間に問題が起き、二人共に将として出陣した。
宋石が衛君に書を送って言うに、両軍が相対し、両軍の旗を互いに見えるところまできたら、そのまま戦わずにおきましょう。 戦えば必ずどちらかは敗れ、存続できないでしょう。この戦は両国の君主同士でのことであり、あなたと私に私怨はございません。よろしければ我らの戦いを避けようではありませんか、と。

白圭は魏の宰相であり、暴譴は韓の宰相であった。白圭は暴譴に言った。あなたは韓の力で私の魏での地位を援助してください。私は魏の力であなたの韓での地位を援助しましょう。私は長く魏で用いられ、あなたは長く韓で用いられるでしょう、と。

第四
斉の中大夫に夷射という男がいた。
ある日、王のもとで酒を飲んだ。ひどく酔ったので外へ出て廊門に寄りかかっていた。
門番の刖跪が請うて言った。私に余り物などをいただけませんか、と。夷射は言った。叱、あっちへ行け、囚人あがりがどうして大夫たる私に酒をねだるのか、と。刖跪は走って退いた。夷射が去ると、刖跪は水を廊門の雨受けの下に撒き、誰かが放尿したようにしておいた。
翌日、王が外に出たときにこれを見つけて言った。誰がここで放尿したのか、と。刖跪が答えて言った。見ておりませんが、昨日、中大夫の夷射様がここに立っておりました、と。
王はこれを聞いて、夷射を誅殺した。

魏王の臣下の二人は、済陽君とうまくいっていなかった。
済陽君は偽って人に王命と称して済陽君を攻め滅ぼす計画を立てさせた。すると王は人をやって済陽君に尋ねさせた。誰に恨まれているのか、と。
済陽君は答えて言うに、誰かに恨まれる覚えはありませんが、この二人とはうまくいっておりません。かと言ってこのような事態にはなりますまい、と。王は左右に問うた。左右は、その通りだと言う。
そこで王はこの二人を誅殺した。

季辛と爰騫は互いに怨みあっていた。そこへ新たに司馬喜と季辛との関係が悪化した。そこで司馬喜はひそかに人をやって爰騫を殺させた。中山の君主は季辛の仕業だと思って、これを誅殺した。

楚王の愛妾に鄭袖という者がいた。
楚王は新しく美女を得た。そこで鄭袖はこの女に教えて言った。王は人が口元を覆って仕えるのをとても好みます。だから王の側へ寄る時は必ず口元を覆いなさい、と。そこでこの美女は王に見えるときは口元を覆った。王はその訳を問うた。すると鄭袖が言うには、彼女はもともと王様の臭いが嫌いだと申しております、と。
ある日、王と鄭袖と美女の三人でいた。事前に鄭袖は王の御者に戒めて言っておいた。王が何か申したら、すみやかに王の言に従いなさい、と。
美女は進み出て王に近づく度に、何度も口元を覆った。王はかっと怒り言った。こやつを鼻削ぎにせよ、と。そこで御者は刀を抜いて美人の鼻を削いだ。

また一説にはこうだ。
魏王が楚王に美人を贈った。楚王はこの美人をとても悦んだ。
夫人の鄭袖は王がこの美人を寵愛していることを知ると、王よりもこの美人を寵愛した。衣服や装飾品など、この美人の欲するままに選び与えた。王が言った。夫人は私が新しく来た美人を寵愛していることを知るや、私よりもこの美人をとても寵愛していつ。これは孝行な子が親に仕えるやり方であり、忠臣が君主に仕えるやり方である、と。
夫人は、王が夫人はこの美人に嫉妬していないと思っていることを知り、その美人に言った。王はとてもあなたを寵愛しています。しかしあなたの鼻の形を嫌っておられます。あなたは王に見えるときは、常に鼻を覆えば、王は長くあなたを愛するでしょう、と。
そこでこの新人の美人はこれに従い、王に見えるたびにいつも鼻を覆った。王は夫人に言った。あの新人は私を見るといつも鼻を覆うが、何故だろうか、と。答えて言うに、存じ上げません、と。王はさらに問うた。そこで答えた。前から王の臭いを嗅ぐのが嫌なのだそうです、と。
王は怒って言った。あの新人の鼻を削げ、と。夫人は事前に王の御者に戒めて言っておいた。王が何か申したら、必ずその命令に従いなさい、と。そこで御者は刀を抜いて美人の鼻を削いだ。

費無極楚の令尹の側近である。そこへ郄宛が新たに令尹に仕えることになり、はなはだ気に入られた。
そこで無極は令尹に言った。あなたは宛をとても気に入っておられる。一度宛の家で酒宴をされてはいかがですか、と。令尹は、それは良い、と言った。そこで無極に命じて郄宛の家へ酒宴の準備をさせた。無極は宛に教えて言った。令尹ははなはだ威勢を重んじ、兵を好む。そなたは必ず礼儀を正しくしなさい。まずは兵を堂の下へ整列させ、門のところにまで連ねなさい、と。そこで宛はその通りにした。
令尹は宛の家へ行って大いに驚いて言った。これはどうしたことか、と。無極は言った。危険です。ここから去ってください。このままでは、どうなるかわかりません、と。令尹は大いに怒り、挙兵して郄宛を誅殺してしまった。

魏の犀首と張壽とは怨みあっていた。そこへ陳需が新たに魏に仕えるようになったが、犀首とはうまくいかなかった。そこで密かに人をやって張壽を殺させた。魏王は犀首のしわざだと思って、これを誅した。

中山に身分の低い公子がいた。馬はとても痩せており、車は壊れかかっている。王の近臣で公子とうまくいっていない者がいた。そこでこの近臣が公子のために王に請うた。公子はとても貧しく、馬はとても痩せています。王はどうか公子に馬の糧を増やして差し上げてはいかがでしょう、と。しかし王は許さなかった。
そこで近臣は密かに人をやり、夜、乾草小屋に火をつけさせた。王はあの公子のしわざだと思い、これを誅した。

魏に老いた儒学者がいた。しかし済陽君とうまくいっていなかった。済陽君の食客でこの老儒学者に私怨を抱く者がいた。そこで老儒学者を殺し、済陽君に感謝された。
つまり、こう言った。私は、あの老儒学者があなたとうまくいっていなかったので、あなたのために殺して差し上げたのです、と。その為、済陽君は調べもせずにこの食客を賞した。
また一説にはこうだ。
済陽君の臣で、まだ知られておらず、寵愛を得たいと思っている者がいた。あるとき、斉が老儒学者に薬を馬梨山へ掘らせに行かせた。済陽君の少庶子はこのことで功を立てようと思い、済陽君に見えて言った。斉は老儒学者に薬を馬梨山で掘らせたのは、実は名目上は薬を掘ると言っていますが、我が国を探ろうとしているのです。どうかこの老儒学者を殺しなさいませ。これはまさに、あなたに斉が罪を着せようとしているのです。私にこやつを殺すよう命じてください、と。済陽君は言った。よろしい、と。
そこで少庶子は翌日、老儒学者を城陰で見つけて刺殺した。済陽君はこのことで次第にこの少庶子を寵愛するようになっていった。

第四
陳需は魏王の臣下である。また楚王とも親しかった。そこで楚に魏を攻めさせた。実際に楚が魏に攻め寄せてくると、陳需は願い出て魏王のために取りなした。これにより楚の勢力を利用して魏の宰相となった。

韓の昭侯の時、黍の価格が大いに高騰した。昭侯が人をやって穀倉の役人を調べさせたところ、果たして黍を盗み出して、これを国外へ多く売り払っていた。

昭奚恤が楚で用いられていたとき、穀倉の穴蔵に火をつけた者がいたが、誰かは分からなかった。昭奚恤は役人に命じて茅を販売する者を捉えて取り調べさせたところ、果たしてその中に火をつけた者がいた。

韓の昭僖侯の時、料理番が食膳を奉ったところ、汁の中に生の肝が入っていた。昭侯は料理番の次長を召し出し、責めて言った。そなたはなぜ生の肝を儂の汁の中に入れたのか、と。料理番は地に頭をつけて死罪を受ける覚悟で言った。密かに料理番の長を失脚させようと思ってやりました、と。
また一説にはこうだ。
僖侯が湯に浸かったところ、湯の中に小石が入っていた。僖侯が問うて言った。湯の番の長が罷免されたら、その後釜に入る者は決まっているのか、と。左右の者が答えた。決まっております、と。僖侯は言った。呼んで参れ、と。そしてこの者を責めて言った。なぜ小石を湯の中に入れたのか、と。答えて言うに、湯の番の長が罷免されたら、私がこの後釜に入れるので、小石を湯の中に入れたのです、と。

晋の文公の時、料理番が炙った肉を奉ったところ、肉に髪の毛が絡みついていた。文公は料理番を召し出して責めて言った。そなたは儂の喉を詰まらせたいのか、なぜ髪の毛を炙った肉に絡みつかせたのか、と。
料理番は地に頭をつけて拝礼して願い出て言った。私には死罪となるべき罪が三つあります。
礪を用いて刀を砥げば、切れ味は干将の刀の如し。肉を切れば肉は真っ二つになるのに髪の毛は切れませんでした。これが私の罪のひとつ目です。
串をとって肉を貫いたのに髪の毛を見つけられなかったこと、これが私の罪の二つ目です。
熾爐に火をかけ、炭が火でことごとく赤くなっており、炙った肉はよく焼けましたのに、髪の毛は焼けませんでした。これが私の罪の三つ目です。
この宮廷に私を憎んでいるものがいないとも限りません、と。文公は言った。よろしい、と。そこで宮廷にいる者を召し出して取り調べたところ、果たしてその通りであった。そしてこの者を誅罰した。
また一説にはこうだ。
晋の平公が客と酒宴を催した。少庶子が炙った肉を進めたところ、髪の毛が絡みついていた。平公は料理人を殺すよう命じ、この命令に背くことのないよう言った。
料理人は天を仰いで言った。ああ、私は三つの罪で死ぬのだ。自分でも気づかなかったのだ、と。平公は言った。何のことを言っているのか、と。
答えて言うに、私の刀の切れ味は、風も靡き、骨も断つのに髪の毛を断てなかったこと、これが私のひとつ目の死罪です。
桑の炭で肉を炙り、肉は赤く、また白くよく焼けたのに、髪の毛は焦げもしない、これが私の二つ目の死罪です。
充分に炙って出来上がった肉を目を細めて検分したのに、髪の毛が絡みついているのを見つけられなかったこと、これが私の三つ目の死罪です。
思いますに宮廷に私を憎む者がいるのではありませんか。私を殺すにはまだ早うございます、と。

穣侯は秦の宰相である。この時、斉は強かった。穣侯は秦王を帝位につけたいと思ったが、斉は認めない。そこで願い出て、斉王を東帝としようとしたが、うまくいかなかった。

第五
晋の献公の世の時、驪姫の地位が高く正妻に類した。自分の子の奚斉を太子申生と代わらせたいと思った。そこで申生を献公に讒言して殺してしまい、奚斉を太子にした。

鄭君はすでに太子を立てていた。しかしのちに寵愛する美人ができ、その子を世継ぎにしたいと思った。夫人は恐れ、毒薬を用いて鄭君を害して殺した。

衛の州吁は衛国で重んじられ、君主に比するほどの力があった。群臣も庶民もみなその権勢を恐れた。州吁はついに衛の君主を殺して政権を奪った。

公子朝は周の太子である。弟の公子根は大いに周君の寵愛を受けていた。やがて君主が死ぬと、根はついに東周を立てて叛き、周は別れて二国になった。

楚の成王は商臣を太子と定めていた。しかし、やがて公子職を太子に立てたいと思った。商臣は反乱を起こし、ついに成王を攻めて殺した。
また一説にはこうだ。
楚の成王は商臣を太子と定めていた。しかし、やがて公子職を太子に立てたいと思った。商臣はこれを聞いたが、まだはっきりしない。そこでその傅役の潘崇に言った。どうすればはっきりするだろうか、と。潘崇は言う。江羋様を招いて饗応し、わざと失礼な振る舞いをなさいませ、と。太子はこれに従った。すると江羋は言った。ああ、このろくでなし、君王がお前を廃して職を太子に立てようと思われるのも無理はない、と。
商臣は潘崇に言った。本当であった、と。潘崇が言った。このままお仕えすることができますか、と。商臣は答える。できない、と。では、国を出て諸侯の所へ行きますか、と。答える。できない、と。では、思い切ったことができますか、と。答える。できる、と。そこで手勢を率いて成王を攻めた。成王は最後に熊の手を食べてから死にたいと願ったが、許されず、そのまま自殺した。

韓廆は韓の烈侯の宰相である。厳遂もまた烈侯に重用された。二人ははなはだ仲が悪くなった。そこで厳遂は人を使って韓廆を朝廷で刺し殺そうとした。韓廆は烈侯の所へ走り、烈侯に抱きついた。刺客はついに韓廆を刺したが、烈侯までも貫き殺してしまった。

田恒は斉の宰相である。闞止もまた簡公に重んじられていた。二人は互いに憎み合い、相手を害しようとした。田恒は私恩をまいて国を取り、ついに簡公を殺して政権を奪った。

戴驩は宋の太宰である。皇喜もまた君に重んじられた。二人は互いに争って、相手を害しようとした。皇喜はついに宋君を殺してその政権を奪った。

晋の狐突が言った。国君が女色を好めば太子が危うくなり、男色を好めば宰相が危うくなる。

鄭の君主が鄭昭に問うた。太子はどうであろうか、と。鄭昭は答えて言う。太子はまだお生まれになっておりません。鄭君は言う。太子はすでに立てている。まだ生まれないというのは何故か、と。
鄭昭は答えて言った。太子を立てているといえども、ご主君の好色は止みません。寵愛なさるお方に子が生まれますと、ご主君は必ずその子を愛し、その子を愛せば必ず世継ぎにしたいとお思いになるでしょう。だから私は、太子はまだお生れにならない、と申すのです、と。

第六
周の文王は費仲に贈物をして紂王の側に仕えさせ、紂王の様子を伺わせておいて、紂王の心を撹乱した。

楚王は人を秦へ遣わした。秦王はこの人を厚く礼遇した。秦王は言った。敵国に賢人がいるのは我が国の憂いである。今、楚王の使者ははなはだ賢人である。私はこれを心配している、と。群臣が言った。秦王の賢聖さと、この国の充分な物資がありながら、楚王の賢人を心配なさる。どうぞあの使者と親密にし、密かに召し抱えなさいませ。すると楚では外国の手先になったと思い、この使者を誅罰するでしょう、と。

仲尼は魯で政治を取り仕切っていた。よく治まり、民は道に落ちている物を拾って着服するようなこともなくなった。斉の景公はこれを憂いた。そこで犂且は景公に進言した。魯から仲尼を去らせることは、毛を吹き飛ばすようなことです。仲尼を高位高禄で迎えると言い、魯公には女楽隊を送り、その心を蕩けさせます。魯公は新たな楽しみを得て、必ず政治を疎かにします。仲尼は必ず諌めましょうが、諌めておいて簡単に魯と縁を切るでしょう、と。景公は言った。よろしい、と。
そこで犂且に女楽隊六組を哀公に贈らせた。哀公はこれを楽しみ、ついに政治を怠るようになった。仲尼は諌めたが聴きいれられず、魯を去って楚へ行ってしまった。

楚王は干象に言った。私は楚の力で甘茂を助けて秦の宰相にさせたいが、できるだろうか、と。干象は答えて言った。それは不可能です、と。王は言う。何故かね、と。
干象が言うには、甘茂は若い頃、史挙先生に就いて学びました。史挙は上蔡の監門であり、君にも仕えず、家も治めず、厳しいことで天下に名を馳せていました。甘茂はこの史挙に仕えて気に入られたのです。そして恵文王の明察、張儀の弁舌、甘茂はこれらに仕えて十の官職を得ても、何の罪も受けておりません。これは甘茂が賢人だからです、と。
王は言った。見込んだ人を敵国の宰相にする、しかもそれが賢人を宰相にするのだ、それが駄目だとは何故かね、と。
干象は言った。さきに王は召滑を越に行かせて、五年で越を滅ぼすことができました。その理由は召滑により越が乱れて楚は治まっていたからです。先に越でこの方法を用いたのに、今、秦に対してはこの方法を用いることを忘れておいでです。ずいぶん早くお忘れになったのですね、と。
王は言った。それならば、どのようにすればよいのだ、と。
干象は答えて言った。公子共立を宰相にするのがよろしいのです、と。
王は言った。共立を宰相にするのがよいのは何故かね、と。
干象は答えて言った。共立は若い頃から秦王に可愛がられ、成長して高貴な大臣となり、王衣を着て杜若を口に含み、玉環を握って朝廷で政聴しています。これこそ秦を乱すに最適な者なのです、と。

呉が楚を攻めた。伍子胥は人をやって楚の人々に宣伝させた。楚で子期が用いられたら、攻め撃とう。しかし子常が用いられたら、退却しよう、と。楚の人はこれを聞いて子常を用いて子期を退けた。すると呉は攻め寄せて、ついに楚の軍を撃ち破った。

晋の献公が、虞と虢とを伐とうと思った。そこで屈産の馬を四頭と、垂棘の玉壁と、女楽隊六組を贈り、その心を蕩けさせ、政治を撹乱した。

晋の叔向は、周の萇弘を陥れるために、偽の書を作った。書に言う、萇弘が叔向に申し上げる。あなたは私のために晋君にお伝えください。晋君とのお約束の時期が熟しました。どうぞ速やかに軍を差し向けてきてください、と。そしてその書を周君の宮殿の庭に落とされたように見せかけ、急いでその場を去った。周君は萇弘が周国を売ろうとしているとして、萇弘を誅殺した。

鄭の桓公が鄶を襲撃しようとした。そこでまず、鄶の豪傑、良臣、智恵ある弁舌の士、勇猛果敢の士を調べ、ことごとく姓名を挙げて、鄶の良い田地を選んで割り当て、彼らを任ずる官爵名を書いた。そうして、鄶の城門の外に祭壇を築き、これらを埋めて、鷄や豚の血を注ぎ、盟約が行われたように見せかけた。鄶君はこれを見て内乱だと思い、その良臣をことごとく殺した。そこで桓公は鄶を襲撃して取った。

魏の鄴の長官の襄疵は、密かに趙王の側近と親しくしていた。趙王が鄴を襲おうと計画したら、常に襄疵はそれを聞きつけ、前もって魏王に告げ、これに防備をした。そこで趙はいつも引き返すことになった。

第七
秦王の侏儒で楚王とも親しい者がいた。そしてまた、密かに楚王の側近とも親しくしていた。さらに秦では恵文君に重用されていた。楚が何か計略を立てたときは、その侏儒がいち早く聞きつけ、恵文君に告げた。

衛の嗣君のとき、ある県令の近臣に人を入れておいた。県令が夜具をめくると、敷物がひどく破れていた。嗣君が人をやり、県令に敷物を贈らせて言うには、私はそなたが近頃夜具をめくると敷物がひどく破れていたと聞いた。そこでそなたに敷物を与える、と。県令は大いに驚き、嗣君は神明であると思った。


【内儲説 下 書き下し文】

 

内儲説下六微

六微。一に曰く、権 借(か)して下に在り。二に曰く、利 異にして外に借る。三に曰く、似類(じるい)に託す。四に曰く、利害 反有り。五に曰く、参疑(さんぎ)内に争ふ。六に曰く、敵国廃置。此の六者は主の察すべき所なり。

 権勢は以て人に借す可からず。上 其の一を失はば、臣以て百を為す。故に臣、借るを得ば則ち力多し。力多ければ則ち内外 用を為す。内外 用を為さば則ち人主壅(ふさが)る。其の説は老聃(ろうたん)の魚を失ふを言ふに在り。是を以て人主久しく語りて左右 刷を懐(たま)ふを鬻(ひさ)ぐ。其の患は、胥僮(しょどう)の厲公(れいこう)を諫むると、州侯の一言と燕人の矢に浴するとに在り。

権借一

 

君臣の利、異なり。故に人臣 忠莫(な)し。故に臣の利立ちて主の利滅ぶ。是を以て姦臣は、敵兵を召(まね)きて以て内に除き、外事を挙げ以て主を眩(まど)はす。苟(いやしく)も其の私利を成して、国の患(うれひ)を顧みず。其の説は、衛人の妻夫 禱祝するに在るなり。故に戴歇(たいけつ)は子弟を議して、三桓は昭公を攻め、公叔は斉軍を内(い)れて翟黄(てきこう)は韓兵を召す。太宰嚭(たいさいひ)は大夫種(たいふしょう)に説き、大成牛(たいせいご)は申不害に教へ、司馬喜(しばき)は趙王に告げ、呂倉(りょそう)は秦楚を規(したし)ましめ、宋石(そうせき)は衛君に書を遣(おく)り、白圭(はくけい)は暴譴(ぼうけん)を教ふ。

利異二

 

似類(じるい)の事は、人主の誅を失ふ所以にして、大臣の私を成す所以なり。是を以て門人 水を捐(す)てて夷射(いや)誅せられ、濟陽(せいよう)自ら矯(いつは)りて二人罪せられ、司馬喜 爰鶱(えんけん)を殺して季辛(きしん)誅せられ、鄭袖(ていしゅう)悪臭を言ひて新人劓(はなき)られ、費無忌(ひむき)郄宛(げきえん)に教へて令尹(れいいん)誅せられ、陳需(ちんじゅ)張壽(ちょうじゅ)を殺して犀首(さいしゅ)走る。故に芻廥(すうかい)を焼きて中山罪せられ、老儒を殺して濟陽(せいよう)賞す。

似類三

 

事起こりて利する所有り。其の尸、之を主(つかさど)る。害する所有り。必ず反(かへ)りて之を察す。是を以て明主の論や、国の害は則ち其の利する者を省み、臣の害は則ち其の反する者を察す。其の説は楚兵至りて陳需(ちんじゅ)相(しょう)たり。黍種(しょしゅ)貴くして廩吏(りんり)覆(ふく)せらるるに在り。是を以て昭奚恤(しょうけいじゅつ)茅を販(ひさ)ぐものを執(とら)へて、僖侯(きこう) 其の次を譙(せ)め、文公は髪 炙(あぶりにく)を繞(めぐ)り、穰侯(じょうこう)は帝を立てんを請ふ。

有反四

 

参疑の勢は、乱の由(よ)りて生ずる所なり。故に明主は之を慎む。是を以て晋 驪姫(りき)太子申生(しんせい)を殺し、而して鄭 夫人毒薬を用ひ、衛の州吁(しゅうく)其の君 完を殺し、公子根(こん)東周を取る。王子 職(しょく)甚(はなは)だ寵有り、而して商臣 果たして乱を作(おこ)し、厳遂(げんすい)韓廆(かんかい)争ひて、哀侯 果たして賊に遇ふ。田常・闞止(かんし)・戴驩(たいかん)・皇喜(こうき)敵(てき)して、宋君 簡公 殺さる。其の説は狐突(ことつ)の二好を称すると、鄭昭(ていしょう)の未生を対(こた)ふるとに在り。

参疑五

 

敵の務むる所は、察を淫(みだ)して靡(ひ)を就(な)すに在り。人主 察せずんば、則ち敵 廃置す。故に文王 費仲(ひちゅう)に資し、秦王 楚使を患(うれ)へ、黎且(りしょ) 仲尼を去り、干象(かんしょう) 甘茂(かんぼう)を沮(はば)む。是を以て子胥 宣言して子常(しじょう)用ひられ、美人を内(い)れて虞虢亡(ほろ)び、佯(いつは)り書を遣(や)りて萇弘(ちょうこう)死し、雞豭(けいか)を用ひて鄶(かい)傑(けつ)尽く。

廃置六

 

参疑廃置の事、明主 之を内に絶ちて、之を外に施す。其の軽き者を資(たす)け、其の弱き者を輔(たす)く。此れを廟攻(びょうこう)と謂ふ。参伍(さんご)既に内に用ひられ、観聴(かんちょう)又(また)外に行はるれば、則ち敵の偽 得(う)。其の説は秦の侏儒(しゅじゅ)の惠文君に告ぐるに在り。故に襄疵(じょうし)鄴を襲はんと言ひて、嗣公(しこう)令に蓆(せき)を賜へり。

廟攻七

右経

 

 

勢重(せいじゅう)は人主の淵なり。臣は勢重(せいじゅう)の魚なり。魚、淵を失はば、復(ま)た得(う)可からざるなり。人主、其の勢重(せいじゅう)を臣に失はば、復(ま)た収む可(べ)からざるなり。古(いにしへ)の人、正言するを難(はばか)る。故に之を魚に託す。

賞罰は利器なり。君 之を操(と)りて以て臣を制し、臣 之を得て以て主を擁(ふさ)ぐ。故に君、先(ま)づ賞する所を見(あらは)さば、則ち臣 之を鬻(ひさ)ぎて以て徳を為す。君、先(ま)づ罰する所を見(あらは)さば、則ち臣 之を鬻(ひさ)ぎて以て威を為す。故に曰く、国の利器は以て人に示す可からず、と。

 

靖郭君、斉に相(しょう)たり。故人と久しく語れば、則ち故人富む。左右に刷(さつ)を懐(たま)へば、則ち左右重し。久語懐刷は小資なり。猶(な)ほ以て富重を成す。況(いはん)や吏の勢あるに於いてをや。

 

晋 厲公(れいこう)の時、六卿貴し。胥僮(しょどう)長魚矯(ちょうぎょきょう) 諫めて曰く、大臣貴重にして、主に敵し事を争ひ、外 市して党を樹(た)つ。下は国法を乱り、上は以て主を劫(おびやか)して、而して国 危(あやふ)からざる者は、未(いま)だ嘗て有らざるなり、と。公曰く、善(よ)し、と。乃ち三卿を誅す。長魚矯(ちょうぎょきょう)又諫めて曰く、夫(そ)れ同罪の人、偏誅(へんちゅう)して尽くさざるは、是れ怨みを懐(いだ)かしめて之に間(かん)を借すなり、と。公曰く、吾 一朝にして三卿を夷(い)す。予は尽くすに忍びざるなり、と。長魚矯(ちょうぎょきょう)対(こた)へて曰く、公 之に忍びずんば、彼 将(まさ)に公に忍ばんとす、と。公聴かず。居(お)ること三月。諸卿 難を作(な)し、遂に厲公を殺して、其の地を分(わか)つ。

 

州侯、荊に相(しょう)たり。貴くして断を主(つかさど)る。荊王 之を疑ひ、因(よ)りて左右に問ふ。左右対(こた)へて曰く、有る無し、と。一口に出づるが如し。

 

燕人、惑(まど)へる無くして、故(まづ)狗矢(くし)に浴せり。燕人其の妻、私(ひそか)に士に通づる有り。其の夫、早く外自(よ)りして来(きた)る。士、適(たま)たま出(い)づ。夫曰く、何の客ぞや、と。其の妻曰く、客無し、と。左右に問ふに、左右も有る無しと言ふ。一口に出(い)づるが如し。其の妻曰く、公は惑易(わくえき)せるなり、と。因(よ)りて之に浴せしむるに狗矢(くし)を以てせり。

 

一に曰く、燕人李季(りき)、遠出を好む。其の妻、私(ひそか)に士に通づる有り。季、突至す。士 内中(ないちゅう)に在り。妻 之を患(うれ)ふ。其の室婦(しつふ)曰く、公子をして裸して髪を解き、直(ただ)ちに門を出(い)でしめよ。吾が属(ぞく)、見ずと佯(いつは)らん、と。是に於いて公子 其の計に従ひ、疾走して門を出(い)づ。季曰く、是れ何人ぞや、と。家室皆曰く、有る無し、と。季曰く、吾 鬼を見たるか、と。婦人曰く、然り、と。之を為す柰何(いかん)、と。曰く、五姓の矢(し)を取りて之に浴せよ、と。季曰く、諾、と。乃ち浴するに矢(し)を以てす。一に曰く、浴するに蘭湯を以てす、と。

 

衛人夫妻 祷る者有り。而して祝して曰く、我をして故無くして百束の布を得しめよ、と。其の夫曰く、何ぞ少なきや、と。対(こた)へて曰く、是より益さば、子 将(まさ)に以て妾を買はんとす、と。

 

荊王、諸公子を四隣に宦(かん)せしめんと欲す。戴歇(たいけつ)曰く、不可なり、と。公子を四隣に宦せしめば、四隣必ず之を重んじて、子の出(い)づる者は重んず、と曰はん。重んぜらるんば則ち必ず重んぜらるる所の国の党と為(な)らん。則ち是れ子に外市を教ふるなち。便ならず、と。

 

魯の孟孫 叔孫 季孫、力を相(あひ)戮(あは)せて昭公を劫(おびやか)し、遂に其の国を奪ひて、其の制を擅(ほしいまま)にす。魯の三桓 偪(せま)るや、昭公、季孫氏を攻む。而して孟孫氏 叔孫氏、相(あひ)与(とも)に謀(はか)りて曰く、之を救はんか、と。叔孫氏の御者曰く、我は家臣なり。安(いづくん)ぞ公家を知らん。凡(およ)そ季孫有ると、季孫無きと、我に孰(いづ)れか利なる、と。皆曰く、季孫無くんば必ず叔孫無けん。然らば則ち之を救はん、と。是に於いて西北隅(ぐう)を撞(つ)きて入る。孟孫、叔孫の旗 入るを見て、亦之を救ふ。三桓、一と為(な)る。昭公勝たず。逐(お)はれて之 乾侯(けんこう)に死す。

 

公叔、韓に相(しょう)として、斉に功有り。公仲甚(はなは)だ王に重んぜらる。公叔、王の公仲を相とせんとして恐るるや、斉韓をして約して衛を攻めしむ。公叔、因(よ)りて斉の軍を鄭に内(い)れ、以て其の君を劫(おびやか)し、以て其の位を固くして、両国の約を信にせり。

 

翟璜(てきこう)は魏王の臣なり。韓に善し。乃ち韓の兵を召して、之をして魏を攻めしむ。因(よ)りて請ひて魏王の為に之を構じ、以て自ら重くせり。

 

越王、呉王を攻む。呉王、謝して服を告ぐ。越王、之を許さんと欲す。范蠡(はんれい) 大夫種(しょう)曰く、不可。昔、天、越を以て呉に与ふ、呉受けず。今、天、夫差に反す。亦 天禍なり。呉を以て越に(あた)ふ。再拝して之を受けん。許す可からざるなり、と。太宰嚭(ひ)、大夫種に書を遣(おく)りて曰く、狡兎(こうと)尽くれば則ち良犬烹られ、敵国滅(ほろ)ぶれば則ち謀臣亡ぶ。大夫何ぞ呉を釈(ゆる)して越を患(うれ)へしめざるや。大夫種、書を受けて之を読む。太息して歎(たん)じて曰く、殺されん、越と呉と命を同じくす、と。

 

大成牛(たいせいご)、趙従(よ)り申不害に韓に謂ひて曰く、韓を以て我を趙に重くせよ。請ふ、趙を以て子を重くせん。是れ子に両韓有り、我に両趙有るなり、と。

 

司馬喜(き)は、中山(ちゅうざん)君の臣なり。而して趙に善し。嘗(つね)に中山の謀を以て、微(ひそ)かに趙王に告ぐ。

 

呂倉(りょそう)は、魏王の臣なり。而して秦荊に善し。微(ひそ)かに秦荊に諷(ふう)し、之をして魏を攻めしめ、因(よ)りて請ひて和を行ひ、以て自ら重くせり。

 

宋石(そうせき)は衛の将なり。衛君は荊の将なり。両国、難を構へ、二子皆、将たり。宋石、衛君に書を遣(おく)りて曰く、二軍 相当たり、両旗 相望む。唯(た)だ一戦する毋(なか)れ。戦はば必ず両存せず。此れ乃ち両主の事なり。子と私怨有る無し。善しとせば相避けん、と。

 

白圭(はくけい)魏に相たり。暴譴(ぼうけん)韓に相たり。白圭、暴譴に謂ひて曰く、子、韓を以て我を魏に輔(たす)けよ。我、魏を以て子を韓に待たん。臣、長く魏に用ひられ、子、長く韓に用ひられん、と。

 

斉の中大夫に夷射(いや)といふ者有り。王に御飲す。酔 甚(はなはだ)し。而して出(い)でて郎門(ろうもん)に倚(よ)る。門者刖跪(げつき)請ひて曰く、足下、之に余瀝(よれき)を賜ふに意無きか、と。夷射(いや)曰く、叱、去れ。刑余(けいよ)の人、何ぞ乃ち敢へて飲を長者に乞ふ、と。刖跪(げつき)走り退く。夷射(いや)去るに及びて、刖跪(げつき)因(よ)りて水を郎門の霤下(りゅうか)に捐(す)て、溺する者の状に類す。明日、王出(い)でて之を訶(か)して曰く、誰か是に溺する、と。刖跪(げつき)対(こた)へて曰く、臣 見ざるなり。然りと雖も、昨日、中大夫夷射(いや)、此に立てり、と。王 因(よ)りて夷射(いや)を誅して之を殺す。

 

魏王の臣二人、済陽君(せいようくん)に善からず。済陽君因(よ)りて偽(いつは)りて人をして王命を矯(た)めて己を攻むるを謀らしむ。王、人をして済陽君に問はしめて曰く、誰と与(とも)に恨める、と。対(こた)へて曰く、敢へて与(とも)に恨める無し。然りと雖も、嘗て二人と善からず。以て此に至るに足らず、と。王、左右に問ふ。左右曰く、固(まこと)に然り、と。王因(よ)りて二人の者を誅す。

 

季辛(きしん)、爰騫(えんけん)と相(あひ)怨む。司馬喜、新(あらた)に季辛と悪し。因(よ)りて微(ひそか)に人をして爰騫(えんけん)を殺さしむ。中山の君、以て季辛と為し、因(よ)りて之を誅す。

 

荊王 愛する所の妾(しょう)に鄭袖(ていしゅう)といふ者有り。荊王 新たに美女を得たり。鄭袖(ていしゅう)因(よ)りて之に教へて曰く、王、甚(はなは)だ人の口を掩(おほ)ふを喜ぶ。為(も)し王に近づかば必ず口を掩(おほ)へ、と。美女入りて見(まみ)え、王に近づく。因(よ)りて口を掩(おほ)ふ。王、其の故を問ふ。鄭袖(ていしゅう)曰く、此れ固(もと)より王の臭(しゅう)を悪(にく)むと言へり、と。王、鄭袖 美女と三人坐するに及び、袖(しゅう)因(よ)りて先(ま)づ御者を誡(いまし)めて曰く、王、適(も)し言ふ有らば、必ず亟(すみやか)に王の言を聴従(ちょうじゅう)せよ、と。美女 前(すす)みて王に近づき、甚(はなは)だ数(しば)しば口を掩(おほ)ふ。王、勃然(ぼつぜん)として怒りて曰く、之を劓(はなき)れ、と。御、因(よ)りて刀を揄(ひ)きて美人を劓(はなき)れり。

一に曰く、魏王、荊王に美人を遣(おく)る。荊王甚(はなは)だ之を悦(よろこ)ぶ。夫人鄭袖(ていしゅう)、王の之を愛するを知るや、亦(また)之を悦愛する、王より甚(はなは)だし。衣服玩好(がんこう)、其の欲する所を択びて之を為す。王曰く、夫人の我が新人を愛するを知るや、其の之を悦愛する、寡人より甚(はなは)だし。此れ孝子の親を養ふ所以(ゆえん)、忠臣の君に事(つか)ふる所以なり、と。夫人、王の己を以て妬(と)と為さざるを知るや、因(よ)りて新人に謂ひて曰く、王、甚(はなは)だ子(し)を悦愛す。然れども子(し)の鼻を悪(にく)む。子(し)、王に見(まみ)ゆるに、常に鼻を掩(おほ)はば、則ち王は長く子(し)を幸(こう)せん、と。是に於いて新人 之に従ひ、王に見(まみ)ゆる毎に常に鼻を掩(おほ)ふ。王、夫人に謂ひて曰く、新人、寡人を見て、常に鼻を掩(おほ)ふは何ぞや、と。対(こた)へて曰く、已(これ)を知らざるなり、と。王、強(し)ひて之を問ふ。対(こた)へて曰く、頃(この)ごろ嘗(かつ)て言ふ、王の臭(しゅう)を聞くを悪(にく)む、と。王、怒りて曰く、之を劓(はなき)れ、と。夫人 先(ま)づ御者を誡(いまし)めて曰く、王、適(も)し言ふ有らば、必ず命に従ふ可し、と。御者、因(よ)りて刀を揄(ひ)きて美人を劓(はなき)れり。

 

費無極(ひむき)は荊の令尹(れいいん)の近者(きんしゃ)なり。郄宛(げきえん)新たに令尹に事(つか)ふ。令尹甚(はなは)だ之を愛す。無極因(よ)りて令尹に謂ひて曰く、君、宛を愛する甚(はなは)だし。何ぞ一(ひとた)び酒を其の家に為(お)かざる、と。令尹曰く、善し、と。因(よ)りて之をして具を郄宛(げきえん)の家に為(をさ)めしむ。無極、宛に教へて曰く、令尹甚(はなは)だ傲(おご)りて兵を好む。子、必ず謹敬(きんけい)せよ。先(ま)づ亟(すみやか)に兵を堂下に陳(つら)ね、門庭に及べ、と。宛、因(よ)りて之を為す。令尹往(むか)ひて大いに驚きて曰く、此れ何ぞや、と。無極曰く、君殆(あやふ)し。之を去れ。事 未(いま)だ知る可からざるなり、と。令尹 大いに怒り、兵を挙げて郄宛(げきえん)を誅し、遂に之を殺す。

 

犀首(さいしゅ)、張壽(ちょうじゅ)と怨を為す。陳需(ちんじゅ)新たに入る。犀首(さいしゅ)と善からず。因(よ)りて人をして微(ひそ)かに張壽(ちょうじゅ)を殺さしむ。魏王、以て犀首(さいしゅ)と為し、乃ち之を誅す。

 

中山に賤公子有り。馬 甚(はなは)だ痩せ、車 甚(はなは)だ弊(やぶ)れたり。左右に私(ひそか)に善からざる者有り。乃ち之が為に王に請ひて曰く、公子 甚(はなは)だ貧しく、馬 甚(はなは)だ痩せたり。王、何ぞ之に馬食を益(ま)さざる、と。王許さず。左右因(よ)りて微(ひそか)に夜 芻廐(すうきゅう)を焼かしむ。王、以て賤公子と為し、乃ち之を誅す。

 

魏に老儒有り。済陽君(せいようくん)に善からず。客に老儒と私(ひそか)に怨む者有り。因(よ)りて老儒を攻めて之を殺し、以て済陽君(せいようくん)に徳して曰く、臣、其れ君に善からざるが為(ため)の故に、君の為に之を殺せるなり、と。済陽君(せいようくん)、因(よ)りて察せずして之を賞す。

 

一に曰く、済陽君(せいようくん) 少庶子の知られず、入りて君に愛せられんと欲する者有り。斉、老儒をして薬を馬梨(ばり)の山に掘らしむ。済陽(せいよう)の少庶子、以て功と為さんと欲す。入りて君に見(まみ)えて曰く、斉、老儒をして薬を馬梨(ばり)の山に掘らしむ。名、薬を掘る。実は君の国を間す。君、之を殺せ。是れ将(まさ)に済陽君(せいようくん)を以て罪を斉に抵(いた)さんとするなり。臣請ふ、之を刺さん、と。君曰く、可なり、と。是に於いて明日 之を城陰に得て之を刺す。済陽君(せいようくん)還(かへ)りて益(ます)ます之を親しむ。

 

陳需(ちんじゅ)は魏王の臣なり。荊王に善し。而して荊をして魏を攻めしむ。荊、魏を攻む。陳需、因(よ)りて請ふて、魏王の為に行きて之を解く。因(よ)りて荊の勢を以て魏に相たり。

 

韓の昭侯の時、黍種(しょしゅ)常(かつ)て貴きこと甚(はなは)だしかりき。昭侯人をして廩吏(りんり)を覆(ふく)せしむ。果たして黍種(しょしゅ)窃(ぬす)みて之を糶(う)る甚(はなは)だ多かりき。

 

昭奚恤(しょうけいじゅつ)の荊に用ひらるるや、倉廥(そうかい)の窌(あなぐら)を焼く者有り。而して其の人を知らず。昭奚恤(しょうけいじゅつ)、吏をして茅(かや)を販(ひさ)ぐ者を執(とら)へて之を問はしむ。果たして焼けるなり。

 

昭僖侯(しょうきこう)の時、宰人(さいじん)食を上(たてまつ)る。而して羹中に生肝有り。昭侯、宰人の次を召して、之を誚(せ)めて曰く、若(なんぢ)何為(なんす)れぞ生肝を寡人の羹中に置きたる、と。宰人、頓首して死罪に服して曰く、窃(ひそ)かに尚宰(しょうさい)の人を去らんと欲してなり、と。

 

一に曰く、僖侯(きこう)浴(よく)す。湯中、礫(こいし)有り。僖侯(きこう)曰く、尚浴(しょうよく)免ぜられば則ち当(まさ)に代はるべき者有りや、と。左右対(こた)へて曰く、有り、と。僖侯(きこう)曰く、召して来(きた)れ、と。之を譙(せ)めて曰く、何為(なんす)れぞ礫(こいし)を湯中に置ける、と。対(こた)へて曰く、尚浴(しょうよく)免ぜられば則ち臣、之に代はるを得ん。是を以て礫(こいし)を湯中に置けり、と。

 

文公の時、宰臣 炙(あぶりにく)を上(たてまつ)りて、髪 之を繞(めぐ)る。文公、宰人を召して之を譙(せ)めて曰く、女(なんぢ)寡人の哽(むせ)ぶを欲するか。奚為(なんす)れぞ髪を以て炙(あぶりにく)を繞(めぐ)らせる、と。宰人 頓首再拝して請ひて曰く、死罪 三有り。礪(といし)を援(と)りて刀を砥ぐ。利(するど)きこと猶ほ干将(かんしょう)のごときなり。肉を切れば肉断つ。而るに髪 断たず。臣の罪 一なり。木を援(と)りて臠(れん)を貫く。而して髪を見ず。臣の罪 二なり。熾爐(しろ)に奉じ、炭火尽(ことごと)く赤紅。而して炙(あぶりにく)熟して髪焼けず。臣の罪 三なり。堂下、臣を疾(にく)む者有る微(な)きを得んや、と。公曰く、善し、と。乃ち其の堂下を召して之を譙(せ)む。果して然り。乃ち之を誅す。

 

一に曰く、晋の平公、客に觴(しょう)す。少庶子、炙(あぶりにく)を進めて、髪 之を繞(めぐ)る。平公、趣(うなが)して炮人を殺し、令に反する有る毋(な)からしむ。炮人、天を呼びて曰く、嗟乎(ああ)、臣に三罪の死有り。而かも自ら知らざらんや、と。平公曰く、何の謂ひぞや、と。対(こた)へて曰く、臣が刀の利、風靡(なび)く。骨 断えて 髪 断えず。是れ臣の一死なり。桑炭(そうたん)之を炙(あぶ)る。肉 紅白にして 髪 焦げず。是れ臣の二死なり。炙ること熟し、又 重睫(ちょうしょう)して之を視る。髪 炙(あぶりにく)を繞(めぐ)りて目 見えず。是れ臣の三死なり。意(おも)ふに堂下、其れ臣を翳憎(えいぞう)する者有らんか。臣を殺す、亦(また)蚤(はや)からずや、と。

 

穣侯、秦に相たり。而して斉強し。穣侯、秦を立てて帝と為さんと欲すれども、斉 聴かず。因(よ)りて請ひて斉を立てて東帝と為す。而して成る能はざるなり。

 

晋の獻公の時、驪姫(りき)貴くして后妻(こうさい)に擬す。而して其の子 奚齊(けいせい)を以て太子申生(しんせい)に代へんと欲す。因(よ)りて申生(しんせい)を君に患して之を殺し、遂に奚齊(けいせい)を立てて太子と為す。

 

鄭君 已に太子を立つ。而して愛する所の美女有り。其の子を以て後と為さんと欲す。夫人恐る。因(よ)りて毒薬を用ひ、君を賊して之を殺せり。

 

衛の州吁(しゅうく)、衛に重んぜられ、君に擬す。群臣百姓、尽(ことごと)く其の勢重を畏る。州吁(しゅうく)果たして其の君を殺して之が政を奪へり。

 

公子朝(ちょう)は周の太子なり。弟公子根(こん)、甚(はなは)だ君に寵有り。君死す。遂に東周を以て叛(そむ)き、分かれて両国と為す(な)る。

 

楚の成王、商臣(しょうしん)を以て太子と為す。既にして又 公子職(しょく)を置(た)てんと欲す。商臣 乱を作(おこ)し、遂に攻めて成王を殺す。

 

一に曰く、楚の成王、商臣(しょうしん)を以て太子と為す。既にして公子職(しょく)を置(た)てんと欲す。商臣 之を聞きて未(いま)だ察せざるなり。乃ち其の傅(ふ)潘崇(はんすう)に為(い)ひて曰く、奈何(いか)にして之を察せん、と。潘崇曰く、江羋(こうび)を饗して敬する勿(なか)れ、と。太子 之を聴く。江羋(こうび)曰く、呼(ああ)、役夫(えきふ)。宜(うべ)なり、君王の女(なんぢ)を廃して職を立てんと欲するや、と。商臣曰く、信なり、と。潘崇曰く、能(よ)く之に事(つか)へんか、と。曰く、能(あたは)ず、と。能(よ)く諸侯に之(ゆ)くことを為さんか、と。曰く、能(あたは)ず、と。能(よ)く大事を挙げんか、と。曰く、能(よ)くす、と。是に於いて乃ち宿営の甲を起こして、成王を攻む。成王、熊膰(ゆうはん)を食ひて死せんと請ふ。許さず。遂に自殺せり。

 

韓廆(かんかい)、韓の哀侯に相(しょう)たり。厳遂(げんすい)、君に重んぜらる。二人甚(はなは)だ相(あい)害とす。厳遂乃ち人をして韓廆を朝(ちょう)に刺さしむ。韓廆、君に走りて之を抱(いだ)く。遂に韓廆を刺して哀侯に兼(およ)べり。

 

田恒(でんこう)、斉に相たり。闞止(かんし)、簡公に重んぜらる。二人相(あひ)憎みて相(あひ)賊せんと欲す。田恒(でんこう)因(よ)りて私恵(しけい)を行ひ、以て其の国を取り、遂に簡公を弑(しい)して、之が政を奪へり。

 

戴驩(たいかん)、宋の太宰為(た)り。皇喜、君に重んぜらる。二人 事を争ひて相(あひ)害とす。皇喜 遂に宋君を殺して其の政を奪へり。

 

孤突(ことつ)曰く、国君、内を好めば、則ち太子危(あやふ)し。外を好めば、則ち相室(しょうしつ)危(あやふ)し。

 

鄭君、鄭昭に問ひて曰く、太子亦(また)何如(いかん)、と。対(こた)へて曰く、太子 未(いま)だ生まれざるなり、と。君曰く、太子已に置(た)てり。而(しか)るに未(いま)だ生まれずと曰ふは何ぞや、と。対(こた)へて曰く、太子置(た)つと雖(いへど)も、然れども君の色を好むこと已(や)まず。愛する所、子有らば、君必ず之を愛せん。之を愛せば則ち必ず以て後と為さんと欲せん。臣、故に曰く、太子 未(いま)だ生まれざるなり、と。

 

文王、費仲(ひちゅう)に資して、紂の旁(そば)に遊ばしめ、之をして紂を諫(かん)せしめて、其の心を乱せり。

 

荊王、人をして秦に之(ゆ)かしむ。秦王 甚(はなは)だ之を礼す。王曰く、敵国 賢者有るは、国の憂(うれひ)なり。今、荊王の使者 甚(はなは)だ賢なり。寡人、之を患(うれ)ふ、と。群臣諫めて曰く、王の賢聖と国の資厚とを以て、荊王の賢人を願(うれ)ふ。王、何ぞ深く之を知りて陰(ひそ)かに之を有せざる。荊 以て外に用ひらると為し、則ち必ず之を誅せん、と。

 

仲尼、政を魯に為す。道 遺を拾はず。斉の景公、之を患(うれ)ふ。黎且(れいしょ)、景公に謂ひて曰く、仲尼を去ること猶(な)ほ毛を吹くがごときのみ。君何ぞ之を迎ふるに重禄高位を以てせざる。哀公に女楽を遣(おく)り、以て其の意を驕栄(きょうえい)せしめば、哀公、新(かなら)ず之を楽しみ、必ず政を怠らん。仲尼 必ず諫めん。諫めば必ず軽(たやす)く魯に絶たん、と。景公曰く、善し、と。乃ち黎且(れいしょ)をして女楽 二八を以て哀公に遣(おく)らしむ。哀公之を楽しみ、果たして政を怠る。仲尼 諫む。聴かず。去りて楚に之(ゆ)く。

※ 哀公は定公の誤り

 

楚王、干象(かんしょう)に謂ひて曰く、吾 楚を以て甘茂(かんも)を扶(たす)けて之を秦に相(しょう)とせんと欲す。可ならんか、と。干象(かんしょう)対(こた)へて曰く、不可なり、と。王曰く、何ぞや、と。曰く、甘茂(かんも)少(わか)くして史擧(しきょ)先生に事(つか)ふ。史擧(しきょ)は上蔡(じょうさい)の監門(かんもん)なり。大(だい)は君を事とせず、小(しょう)は家を事とせず。苛刻(かこく)を以て天下に聞こゆ。茂(も)は之に事(つか)へて順なり。恵王の明、張儀(ちょうぎ)の弁なり。茂(も)、之に事(つか)へて十官を取り、而して罪を免(まぬか)る。是れ茂(も)、賢なればなり。王曰く、人を敵国に相(しょう)として賢を相(しょう)とす。其の不可なるは何ぞや、と。干象(かんしょう)曰く、前時(さき)に王、邵滑(しょうかつ)をして越に之(ゆ)かしめ、五年にして能(よ)く越を亡(ほろぼ)せり。然(しか)る所以(ゆえん)の者は、越乱れて楚、治まりたればなり。日者(さき)に之を越に用ふるを知りて、今、之を秦に亡(わす)る、亦(また)太(はなは)だ亟(すみや)かに亡ならずや、と。王曰く、然(しか)らば則ち之を為す奈何(いかん)、と。干象(かんしょう)対(こた)へて曰く、共立(きょうりつ)を相(しょう)とするに如(し)かず、と。王曰く、共立(きょうりつ)相(しょう)とす可きは何ぞや、と。対(こた)へて曰く、共立(きょうりつ)少(わか)くして愛幸せられ、長じて貴卿(きけい)と為り、王衣を被り、杜若(とじゃく)を含み、玉環を握りて、以て朝(ちょう)に聴く。且(か)つ以て秦を乱すに利なり、と。

 

呉、荊を攻む。子胥、人をして荊に宣言せしめて曰く、子期(しき)用ひらるれば、将(まさ)に之を撃たんとす。子常(しじょう)用ひらるれば、将(まさ)に之を去らんとす、と。荊人 之を聞き、因(よ)りて子常(しじょう)を用ひて、子期(しき)を退く。呉人 之を撃ちて遂に之に勝てり。

 

晋の獻公、虞(ぐ)虢(かく)を伐たんとす。乃ち之に屈産(くつさん)の乗、垂棘(すいきょく)の璧、女楽二八を遣(おく)り、以て其の意を栄(まど)はして、其の政を乱せり。

 

叔向(しゅくきょう)の萇弘(ちょうこう)を讒(ざん)するや、書を為(つく)りて曰く、萇弘(ちょうこう)、叔向(しゅくきょう)に謂ひて曰く、子、我が為に晋君に謂へ。君と期する所の者、時可なり。何ぞ亟(すみや)かに兵を以て来たらざる、と。因(よ)りて佯(いつは)り其の書を周君の庭に遣(す)てて、急に去行せり。周、萇弘(ちょうこう)を以て周を売ると為し、乃ち萇弘(ちょうこう)を誅して之を殺せり。

 

鄭桓公、将(まさ)に鄶(かい)を襲はんとす。先(ま)づ鄶(かい)の豪傑 良臣 弁智 果敢の士を問ひ、尽(こと)ごとく姓名を与(あ)げ、鄶(かい)の良田を択びて之に賂(まかな)ひ、官爵の名を為して之を書し、因(よ)りて為(いつは)りて壇場を郭門の外に設けて之を埋め、之に釁(ちぬ)るに雞豭(けいか)を以てし、盟状の若(ごと)くす。鄶(かい)君以て内難と為して、尽(こと)ごとく其の良臣を殺す。桓公、鄶(かい)を襲ひて遂に之を取れり。

 

秦の侏儒(しゅじゅ)、荊王に善くして、陰(ひそか)に有(また)荊王の左右に善し。而して内は恵文君に重んぜらる。荊 適当(たま)たま謀る有れば、侏儒 常に先(ま)づ之を聞きて、以て恵文君に告ぐ。

 

鄴の令 襄疵(じょうし)、陰(ひそか)に趙王の左右に善し。趙王、鄴を襲はんと謀る。襄疵(じょうし)常に輒(すなは)ち聞きて、先(ま)づ之を魏王に言ひて之に備ふ。趙乃ち輒(すなは)ち還る。

 

衛の嗣君(しくん)の時、令の左右に人有り。県令、蓐(じょく)を発して席 弊(やぶ)るる甚(はなは)だしき有り。嗣公還(ま)た人をして之に席を遣(おく)らしめて曰く、吾聞く、汝、今、蓐(じょく)を発して而して席 弊(やぶ)るる甚(はなは)だしき者(あ)り、と。汝に席を賜ふ、と。県令大いに驚き、君を以て神と為せり。

 

右伝。