大体

【大体 現代語訳】

 

古の、政治の大体をよく心得た君主は、天地を望み、江海を観、山谷によって行った。
日月の照らすところ、四季の巡るところ、雲がたなびき、風が吹く。

明君は智によって心を乱さず、私情によって身を煩わさず、政治は法と術により、ことの是非を賞罰に任せ、物の軽重をはかりで定め、自然の摂理に逆らわず、情性を歪めず、毛を吹いて小さな傷を探すようなことはせず、垢を洗い落として表からは見えないところまで知ろうとはしない。

ものごとを判断するのに基準の外に出ることなく、基準以下に押しとどめず、法の定め以上に厳しくせず、法の定め以下に緩くせず、正しい理を守り、自然の道理に従う。
禍福は自然の道理と法に適っているかにより、愛憎によって決めず、栄辱の責任は己自身の言動にあるのであって、人の心によって決めることではない。 
ゆえに最も安泰な世では、法は朝露のごとく万人を潤し、臣民は純朴を失わず、誰の心にも結ばれた怨みはなく、誰の口にもうるさい言葉はない。
ゆえに馬や車は遠路を走る必要がないので疲弊せず、戦も起こらないので旌旗が大きな沢のほとりに入り乱れることなく、万民が外敵により命を失うことなく、豪傑がその名を図書に残すことなく、功績を盤盂に記録することなく、年代記を書き記すことがらもない。

だから言うのだ。
利は簡に勝るものはなく、福は安に勝るものはない、と。
匠石に千年の寿命を与えて、鉤を操り、規矩に照らし合わせ、墨縄を張って、泰山の凹凸を正させる。
また、賁育に干将の剣を帯び万民を同じ勇将に教育させたとしたら、匠石や賁育が力を巧みに尽くし、長寿によって続けても、泰山を正すことはできず、民を同じ勇将にすることはできないだろう。 

だから言うのだ。
古の、よく天下を導いた者は、匠石に技術を尽くさせて泰山の形を傷つけさせたり、賁育に威力によって万民の本性を傷めつけたりさせず、自然の道理に従い、法を守った。そうすれば、君子は楽しみ、大きな悪事は起こらず、君主は悠然として閑静であり、天命に従って大体、要点を握っていれば良いのだ、と。

ゆえに人々は法の網にかかるような罪を犯すことなく、魚が水を失うような禍もないであろう。このようであれば、天下が治まらないということは少ない。


君主が天のようでなければ、万人全てを覆うことができず、その心が大地のようでなければ、万物全てを載せることができない。
泰山は好悪を選ばないからその高さになり、江海は小流を選ばないからその広大さになった。
ゆえに賢人はその身を天地に模して、万物を備え、心を山海に模して、国家を富ませる。
君主は怒りにより身の毒になることなく、臣民は密かに怨みを抱く害も無く、上下こもごも素朴で、自然の道理に従う。
ゆえに長く利を得て、大きな功績を成し、名声は生前から立ち、徳は死後も伝えられる。
これが最上の政治というものである。