功名

【功名 現代語訳】

 

名君が功を立て名を成すには、四つのことがある。
ひとつは天の時、二つは人心、三つは技能、四つは勢位である。

天の時によらねば、堯が十人いたとしても冬に一本の稲穂さえ生じさせることはできない。
人心をつかまねば、賁育といえども人々に力を尽くさせることはできない。
ゆえに天の時を得れば無理をせずとも自然に生じ、人心を得れば催促せずとも自然に働き、技術に頼れば急がずとも自然に疾くでき、勢位を得れば自ら推し進めずとも功名は成るだろう。
あたかも水が流れるように、船が浮かぶように。自然の理を守り、行き詰まることのない命令を行う。これを明主というのである。

才能はあっても権勢がなければ、賢人といえども不肖者を制することはできない。
しかし一尺の木材でも高い山の上に立てれば、十仞の谷に臨む。
木材が長いのではなく、位置が高いからである。

桀といえども天子となれば天下を制することができるのは、賢人だからではなく、権勢が大きいからである。
堯といえども匹夫にすぎなければ三軒の家すら正すことができないのは、不肖者だからではなく、地位が低いからである。

千鈞の石でも船に乗せれば浮かび、錙銖の玉でも船から落ちれば沈む。
千鈞が軽くて錙銖が重いからではなく、船が有るか無いかによるのだ。

短いものが高いものに臨むのは位置により、不肖者が賢人を制するのは権勢による。

世の君主は天下の者が力をひとつにして共に戴くから安泰なのである。
多くの人々が心を同じくして共に押し立てるから尊いのである。
臣下は長所を守り、能力を尽くすから忠なのである。
尊い君主が忠臣を治めるから、長く生活を楽しみ、功名を成すことができる。
名実は共に応じて成り、形と影は共に応じて立つ。ゆえに君臣は同じ欲望のもとに、役割を異にして助け合うのである。 

君主の憂いは、これに応ずる者が誰もいないことにある。
ゆえにこう言われている、片手だけで手を拍つとすれば、いかに疾く手を振ったとて音は出せない、と。
臣下の憂いは、君臣が心をひとつにできないことにある。
ゆえにこう言われている、右手で円を描き、左手で方を描けば、両方とも出来上がらない、と。

だから言うのだ。
最もよく治った国では、君主は太鼓の桴のごとく、臣は太鼓のごとし。技術は馬車のごとく、事業は馬のごとし、と。
ゆえに、人々の生活に余力があれば君主に応じ易く、技術に優れていれば事業は巧くできるだろう。

功績を立てても、それに見合う力を与えられず、君主の側近でも、それに合った信任を与えられず、君主が近親者とのみ親しみ、遠き者とは心が結ばれていない、このようなことを名実が相応していない、というのである。

聖人がいて、その徳は堯や舜のごとく、行いは伯夷のごとくであっても、権勢ある地位につかなければ、功績は立たず、名を成すことはできない。
ゆえに古の功名を成した者は、多くの人が力によってこれを助け、近親者は信頼によってこれに心を寄せ、遠くにいる者は名声を慕ってこれを誉め、貴族は勢力によってこれを推戴した。
このようであったから、泰山のごとき高い功績を立て、長く国家を利し、日月のごとき明確な名声を得て、長く世に伝えられた。
これ堯が南面し名声を守った原因であり、舜が北面して功績をあげた原因である。