用人

【用人 現代語訳】

 

私はこう聞いている。昔のうまく臣を用いた君主は、必ず天の理と人の性に順って賞罰を明確に定めた、と。

天に順ったので力を用いることが少なくても功績が立ち、人に順ったので刑罰を省いても法令は行われ、賞罰が明らかだったので、伯夷と盗跖が混同されず、このようであったので白黒が明確に分けられた。
その君主によって治められた国の臣は、国に対しての功績によって位を与えられ、官吏としての能力によって職を与えられ、規律を守って力を尽くすことで仕事に任ぜらる。
臣は皆その能力に応じてその官職を全うし、任務はほどよく、余計なことを心に抱かず、兼任させられることもない。

ゆえに国内では君主を怨んで反乱を起こす者もなく、外国では偽りの服従による反乱の心配もない。
明君は命ずる仕事が互いに干渉しあって妨げぬように計らうので、もめ事が起きることもない。 
役人には兼任をさせないので、専門的な技術に長ずる。
人に同じ仕事をさせないから、手柄争いも起こらない。
互いに争うことなく、技術が長ずれば、力の強い者と弱い者が力比べをするようなこともなく、氷と炭の形を比べるようなこともなく、天下すべてが互いに傷つけ合うこともない。
これが国が最もよく治まっているという状態である。

君主が法術を捨てて心のままに治めれば、堯であっても国ひとつを正しく治めることはできず、定規なしに目測で測って作るならば、奚仲であっても車輪ひとつを作り上げることはできず、物さしを捨てて長さを計るならば、王爾であっても半分に切断できないだろう。
凡庸な君主でも法術を守り、拙い職人でも定規や物さしを使うなら、万にひとつの失敗もない。
君主たる者は賢人や巧者にしかできないことは取り去り、普通の人でも万にひとつ失敗することのない方法を守るべきで、そうすれば臣民は力を尽くし、功遂げ、名を成すであろう。

明主は誰もが成せる賞の法を立て、誰もが避けられる罰の法を設ける。
ゆえに賢い者は賞に励み、子胥のような禍を被らず、できの悪い者でも罰を受けることは少なく、せむしが背を割かれるようなこともない。
盲人は平地にいて、深い谷に出会うこともない。
愚者は静かに職分を守り危険には陥らない。
このようであれば、君臣の間の恩義は固く結ばれるだろう。

古人は言う、人の心は知り難い、と。
人の喜怒の感情は探り難いからである。

ゆえに明主は目印によって目で分かるようにし、太鼓によって耳で分かるようにし、法によって心に教え聞かせる。
しかし今の世の君主は、これら三つの易しい方法を捨て、ただひとつ、知り難い心に頼ろうとする。
このようでは君主は怒りをつのらせ、臣民は怨みを積もらせる。
怒った君主が怨みを抱く臣民を治めれば、両者ともに危ういであろう。

明主の治世では、目印は見やすいので規約は守られる。
教えは分かり易いのでその言葉は従われる。
法は行い易いので行なわれる。
これら三つが守り行なわれ、君主に私心なく公平であれば、群臣は法に従って職を治め、目印を見て動き、縄に随って斬り、おり目に沿って縫うことができる。

このようであれば、君主は自分勝手に威張り散らすという過ちもなく、臣下に愚かであるとか未熟であることでの罰を受けることもない。すなわち君主はすべてを明らかにして察して怒ることは少なく、臣下は忠を尽くして罪を犯すことも少ない。

私はこう聞いている。
仕事をしていて心配事が無い、ということは堯でもできない、と。
しかもこの世の中、未だ嘗て仕事をしなくてすむことはないのだ。

君主たる者は、爵禄を出し惜しみ、富貴を大事がるようでは、国の危険を救うことはできない。
ゆえに明主は臣下の廉恥を励まし、仁義を掲げる。

昔、介子推は爵禄も無かったが、仁義のために晋の文公に随った。文公の空腹を見るに忍びず、仁によって自分の肉を割いて献じた。文公は介子推の徳を忘れず、書物にその名を著した。

君主は臣が公のために力を尽くすことを喜び、臣が私欲のために権威を奪うことを苦しむ。
臣下は能力によって職務を受けることに安んじ、一人で二官を兼任させられることを苦しむ。
ゆえに明主は臣下の苦しみを除いて君主の喜びをなし、上下ともに利を得る。これに勝ることはない。

臣下の私門の内の様子を察せず、重大なことを軽視し、軽い罪を重く罰し、些細な過失を長く怨み、長く侮り、快楽を奪い、しばしば禍をもたらした者に恩徳を与えてしまう。これでは手を断ち切って玉をつぐようなものであり、世に君主の地位が奪われてしまう禍が生じるのだ。
君主が実行しがたいことをさせて、臣がそれに及ばなかったことを罰すれば、君主を怨む心が生じるだろう。
臣が得意なところで働けず、不得手なことで仕えるならば、君主をひそかに怨むだろう。
臣が苦労をしても慰めず、憂い悲しんでいても憐れまず、気に入れば小人でも褒め称え、賢人もできの悪い者もどちらも賞を与え、怒りに触れれば君子でも謗り、伯夷と盗跖の区別なく罰し辱める。
ゆえに臣下の中で君主に叛く者が出てくるのである。

燕王が内ではその民を憎み、外では魯の民を愛するとすれば、燕の民は王のために用いられず、魯も燕につくわけでもない。
自国の民は憎まれては力を尽くして功績をあげようとして励まず、魯の民は喜ぶが、自分の死生を握る君主を離れてまでして他国の君主に親しむわけにはいかない。
このような君主のもとでは臣下は君主の隙を伺って、君主は孤立してしまうだろう。
隙を伺う臣下が孤立している君主に仕える、これを危殆というのである。

正しい的を無視してでたらめに矢を発するのでは、たとえ的に命中したとしても弓が巧みだとは言えず、法を無視して怒りに任せるのでは、人々を殺すとしても姦悪の者たちは恐れないだろう。
罪は甲が起こしたのに、罰は乙に加えられるなら、君主への怨みは積み重なっていくだろう。
ゆえに最もよく治まっている国では、賞罰はあるが、喜怒によるものはない。
聖人の治める国では罪人を死刑にするのに刑法があり、殺すために君主の心に任せて螫毒で残酷に殺されるようなことはないので、姦悪の者は服従する。 

矢を発すれば的に命中するように、賞罰が割り符のように法に合う。
これは堯が幾度も生まれ変わり、羿が幾度も生まれ変わるかの如くである。
このようであれば君主に夏や殷が滅んだような心配はなく、臣下は比干のような禍はなく、君主は枕を高くして眠り、臣下は業を楽しみ、道は天地を覆い、徳は万世にまで至るであろう。

君主が宮殿の隙間や穴を塞がずに、赤土や白土を塗って飾り立てることに力を注ぐようでは、暴風雨が来たときには必ず破れるだろう。
目前に迫る禍を取り払わず、賁育のごとき勇士が命を投げ出して働くことを望み、宮殿内の問題を放っておいて遠く国境へ堅城を築き、側に控える賢臣の謀を用いず千里の外の万乗の国と交際するのも、ひとたび大風が起これば賁育も助けに間に合わず、千里の同盟国も間に合わないだろう。
これ以上の禍はない。

今の世において、君主のために忠節をもって計るならば、決して、燕王が魯の人々を喜ばせることなく、現代の者に古の賢人ばかりを敬慕させることなく、越の人に中国で溺れている者を救おうとさせてはならない。
このようであれば、上下は共に親しみ、国内では善政の功績が立ち、国外では名声をあげることができるだろう。


【用人 書き下し文】

 

聞く、古の善く人を用ふる者は、必ず天に循(したが)ひ人に順(したが)ひ、而して賞罰を明にす。

 

天に循(したが)へば則ち力を用ふる寡(すくな)くして功立ち、人に順(したが)へば則ち刑罰省けて令行はれ、賞罰を明にすれば、則ち伯夷(はくい)盜跖(とうせき)乱れず。此(かく)の如くんば則ち白黒分かる。

治国の臣、功を効(いた)して以て位を履(ふ)み、能を官に見(あら)はして以て職を受け、力を権衡(けんこう)に尽くして以て事に任ず。

人臣皆(みな)其の能に宜しく、其の官に勝(た)へ、其の任を軽しとして、余力を心に懐く莫(な)く、兼官の責を君に負ふ莫(な)し。

 

故に内に伏怨(ふくえん)の乱無く、外に馬服の患無し。

明君は事をして相(あひ)干さざらしむ。故に訟莫(な)し。

士をして官を兼ねざらしむ。故に技 長ず。

人をして功を同じくせざらしむ。故に争訟莫(な)し。

争訟止み、技長く立てば、則ち彊弱(きょうじゃく)力を觳(くら)べず、冰炭(ひょうたん)形を合せず、天下 得て相(あひ)傷(そこな)ふ莫(な)し。

治の至なり。

 

法術を釈(す)てて心治(しんち)せば、堯も一国を正す能(あた)はず。規矩(きく)を去りて妄(みだり)に意度(いたく)せば、奚仲(けいちゅう)も一輪を成す能(あた)はず。尺寸(せきすん)を廃して短長を差(くら)べば、王爾(おうじ)も半中する能(あた)はず。

中主をして法術を守り、拙匠(せっしょう)をして規矩(きく)寸尺を守らしめば、則ち万 失はざらん。

人に君たる者は、能(よ)く賢巧の能(よ)くせざる所を去り、中拙の万 失はざる所を守らば、則ち人力尽きて功名立たん。

 

明主は為す可きの賞を立て、避く可きの罰を設く。

故に賢者は賞に勧みて子胥の禍を見ず、不肖者は罰少なくして傴(う)の背を剖(さ)かるるを見ず、盲者は平に処りて深谿(しんけい)に遇(あ)はず、愚者は静を守りて険危に陥らず。此の如くんば則ち上下の恩 結ぶ。

 

古の人曰く、其の心 知り難し、と。

喜怒 中(あた)り難ければなり。

 

故に表を以て目に示し、鼓を以て耳に語(つ)げ、法を以て心に教ふ。

人に君たる者、三易の数を釈(す)てて、一の知り難きの心を行ふ。

此の如くんば則ち怒 上に積みて、怨 下に積む。

積怒を以て積怨を御す、則ち両(ふたつ)ながら危ふし。

 

明主の表は見易し。故に約立つ。

其の教(おしへ)は知り易し。故に言用ひらる。

其の法は為し易し。故に令行はる。

三者立ちて上 私心無くんば、則ち下 法に循(したが)ひて治め、表を望みて動き、縄に隨(したが)ひて斲(き)り、攢(さん)に因(よ)りて縫ふを得。

 

此の如くんば則ち上に私威の毒無く、下に愚拙(ぐせつ)の誅無し。故に上 明に居りて怒少なく、下 忠を尽くして罪少なし。

 

之を聞く、曰く、事を挙げて患(うれひ)無きは、堯も得ざるなり。

而して世、未(いま)だ嘗て事無くんばあらざるなり。

 

人に君たる者、爵禄を軽んぜず、富貴を易(かろ)んぜずんば、与(とも)に危国を救ふ可からず。

故に人主は廉恥を厲(はげ)まし、仁義を招く。

 

昔者(むかし)、介子推(かいしすい)、爵禄無くして、義 文公に隨(したが)ひ、口腹に忍びずして、仁 其の肌を割(さ)けり。故に人主、其の徳を結び、書図(しょと)に其の名を著はせり。

 

人主は人をして公を以て力を尽くさしむるを楽しみて、私を以て威を奪ふを苦しむ。

人臣は能を以て職を受くるに安んじて、一を以て二を負ふを苦しむ。

故に明主は人臣の苦しむ所を除きて人主の楽しむ所を立つ。上下の利、此より長なるは莫し。

 

私門の内を察せず、重事を軽慮し、薄罪を厚誅し、細過を久怨し、長(とこし)へに侮りて快を偸(ぬす)み、数(しばしば)徳を以て禍を追ふ。是れ手を断ちて続(つ)ぐに玉を以てするなり。故に世に身を易(か)ふるの患有り。

人主、為し難きを立てて、及ばざるを罪せば、則ち私怨生ぜん。

人臣、長ずる所を失ひて、給し難きに奉ぜば、則ち伏怨結ばん。

労苦、撫循(ぶじゅん)せず、憂悲、哀憐(あいれん)せず、喜べば則ち小人を誉めて、賢不肖、倶(とも)に賞せられ、怒れば則ち君子を毀(そし)りて、伯夷と盜跖(とうせき)とをして倶(とも)に辱められしむ。

故に臣、主に叛(そむ)く有り。

 

燕王をして内、其の民を憎み、外、魯人を愛せしめば、則ち燕 用ひずして、魯も附(つ)かじ。

民、憎まるれば、力を尽くして功を務むる能(あた)はず。魯、説(よろこ)ばるれども、而かも死命に離(つ)いて他主を親しむ能(あた)はず。

此の如くんば則ち人臣隙穴(げきけつ)を為(つく)りて、而して人主 独立す。

隙穴の臣を以て、独立の主に事(つか)ふ、此を之れ危殆(きたい)と謂ふ。

 

儀的を釈(す)てて妄(みだ)りに発せば、中(あた)ると雖も巧ならず。法制を釈(す)てて妄(みだ)りに怒らば、殺戮すと雖も姦人恐れず。罪 甲に生じて、禍 乙に帰せば、伏怨乃ち結ばん。

故に至治の国、賞罰有りて喜怒無し。

故に聖人は極 刑法有りて、死(ころ)すに螫毒(せきどく)無し。故に姦人服す。

矢を発して的に中(あ)て、賞罰 符に当つ。

故に堯復(ま)た生まれ、羿(げい)復(ま)た立つ。

此の如くんば則ち上に殷夏の患無く、下に比干(ひかん)の禍無し。君 枕を高くして、臣 業を楽しむ。道 天地を蔽ひて、徳 万世を極む。

 

夫(そ)れ人主、隙穴(げきけつ)を塞がずして、力を赭堊(しゃあく)に労せば、暴雨疾風 必ず壊(やぶ)らん。

眉睫(びしょう)の禍を去らずして、賁育の死を慕ひ、蕭牆(しょうしょう)の患を謹まずして金城を遠境に固め、近賢の謀を用ひずして、外 万乗の交を千里に結ぶ。飄風(ひょうふう)一旦にして起こらば、則ち賁育も救ふに及ばず、外交も至るに及ばず、禍 此より大なる莫(な)けん。

 

今の世に当たり、人主の為に忠計する者、必ず燕王をして魯人を説(よろこ)ばしむる無く、近世をして古を慕賢せしむる無く、越人の以て中国の溺るる者を救ふを思ふ無し。

此の如くんば則ち上下親しみ、内に功立ち、外に名成らん。