守道

【守道 現代語訳】

 

聖王が法を定めるやり方は、賞はそれでもって善を勧めるに充分であり、罰はそれでもって乱暴を抑えるに充分であり、国の備えは必ず国中に行き届くのに充分である。

聖王の治める国の臣下で、功績の多い者は地位が高く、力を尽くして仕える者は賞が厚く、情を尽くして仕える者は名誉を得る。
聖王がこれを褒めるに春の暖かさが万物を生かすがごとく、これを憎むに秋の冷たさが万物を殺すがごとくである。
ゆえに民は力を尽くすことに励み、情を尽くすことを楽しむ。
これを上下相得るという。
上下相得れば力を尽くして働く者は自分から規律正しくふるまい、任鄙のようになろうと務め、戦士は死を覚悟で賁育のようであろうとし、道を守る者は皆、金石のごとき堅い心を抱き、子胥のごとく節義を守り死のうとするだろう。
力を尽くして働く者は任鄙となり、戦うこと賁育のごとし、道を守ること金石のようであれば、君主たる者は枕を高くして眠っても、守りはすでに充分である。

昔のよく国を治めた者は、重罰を示すことで、軽い罪をも犯させないようにし、犯し難い厳罰を示すことで、犯し易い過ちをさせないようにした。
そうすれば君子も小人も共に行いは正しく、盗跖も曾子も史子も共に清廉である。

何故それがわかるのかというと、貪欲な盗賊も険阻な谷に行って黄金を採ろうとしない。
何故なら険阻な谷に行って黄金を採ろうとすれば、その身が危険だからである。
賁育も敵の力量を見定めてから戦わねば勇名を挙げられず、盗跖も絶好の機会をとらえねば、利を得ることはできないだろう。
禁令を厳しく守る明主のもとでは、賁育もその厳しさに勝つことができず、盗跖も奪うことができない。
賁育も犯すことができず、盗跖も奪うことができないように禁令を厳しくすれば、乱暴者も慎み深くなり、ひねくれ者も素直になるだろう。
大勇士も慎み深く、大盗賊も貞心であれば、天下は公平で庶民の心は正しいであろう。

君主が法を重んじず人を治める力を失ってしまうと、伯夷がみだりに俸禄を受けないという態度より危うく、田成や盗跖による禍を免れられないだろう。
今や天下には伯夷のような清廉の者はおらず、姦人は絶えず世の中にいるのだ。
ゆえに法を定めて基準をひとつにそろえる。

基準がひとつであれば、伯夷は正しいことを守り、盗跖も悪事をなせないだろう。
法が明確であれば、賢人が悪人に地位を奪われず、強者が弱者を侵すことなく、多数が少数を損なうこともない。
天下を堯の法に託せば貞心の者は職分を守り、姦人は僥倖を狙うこともない。
千金を羿の矢で守れば、伯夷でさえ失うことなく、盗跖でさえ奪おうとはしない。
堯は法を明らかにし姦人を見逃さないので、天下に邪悪な者はいなくなる。
羿は弓が巧みで射そこなわないので、千金は失われない。
邪悪な者は長く生きのびられず、盗跖が悪事をやめること、この通りである。

そうすれば、図書に宰予、六卿、子胥、夫差などのことは著されず、孫呉の軍略は廃せられ、盗跖の心は起こらないだろう。

君主は玉の宮殿で美食し、目を怒らせ歯を噛み締めて腹を立てるようなことも国が傾き奪われるような患いもなく、臣下は堅城の内で何もしなくても生活でき、腕を掴み口を尖らせるようなことも嘆息するような禍もないだろう。

虎を屈服させるのに檻を用いず、姦臣を禁ずるのに法を用いず、偽りを防ぐのに証書を用いないというのでは、賁育も困り、堯舜も難しいとすることである。
檻を設けたのは鼠に備えるためではなく、弱者でも虎を屈服させることができるようにするためである。
法を立てたのは曾子や史子に備えるためではなく、凡庸な君主でも盗跖の悪事を止めさせるためである。
証書を作ったのは尾生のような律義者に備えるためではなく、人々が互いに欺かさせないためである。

比干ひとりが忠節を守って死ぬことをあてにするのではなく、乱臣が詐りを言わぬことを願うのではなく、臆病者でも人々を服従させる手段を持ち、凡庸な君主でも守り易い方法を握る。

今の世で君主のために忠節を尽くして計画し、天下のために徳をなすのにこれより利をもたらすものはない。
ゆえに君主は国を失うことなく、忠臣はその身を滅ぼすこともないのは、地位を高くし賞を必ず与える道理が明らかだからである。

ゆえに人々に規則に従って力を尽くさせ、忠節を尽くして官職を全うし、賁育のような勇気を心得るも、死を軽んじず、盗跖のような貪欲さがあるも、命を捨ててまで財を得ようとさせないというようにできれば、国を守る道は悉く備わったことになるだろう。