安危

【安危 現代語訳】

 

国家を安泰にする術、安術は七つあり、危急にする道、危道は六つある。

安術は、
一つ、賞罰は行為の是非に応ずる。
二つ、禍福は善悪に応ずる。
三つ、死生の刑罰は法に応ずる。
四つ、賢不肖で分けて愛憎では分けない。
五つ、賢愚で分けて世の評判では分けない。
六つ、物事を規則で測り自己都合で測らない。
七つ、正直にして詐わらない。

危道は、
一つ、規則から外れて判断する。
二つ、法から外れて処断する。
三つ、人の損害となることで利を得ようとする。
四つ、人の災難を楽しむ。
五つ、人の安全なところを乱す。
六つ、愛すべき者と親しまず憎むべき者を遠ざけない。

このようであれば、人はその生きる楽しみを失い、死を重んじることを忘れてしまう。
人が生を楽しまねば君主も尊ばれず、死を重んじねば命令に従わなくなるだろう。

天下の人が皆、規則に従って智恵をしぼり、法に従って力を尽くせば、動いては勝ち、静かにすれば安泰を得るだろう。
世を治めて、人々に正しく生きることを楽しみ、悪事をなすに身を惜しむなら、小人は減り、君子が増えるだろう。

これによって社稷は常に立ち、国家は長く安泰となろう。
馬車が乱れ奔走すれば仲尼といえども泰然としておれず、舟が転覆すれば伯夷といえども泰然としていられない。
号令は国にとっては舟や車であり、安んずれば智恵や清廉な心が生じ、危うければ争いや卑屈な心が起こる。
ゆえに国を安泰にする法は飢えれば食い、寒ければ衣を着るように、命令せずとも自然にそうなるものである。
古の賢王は政治の理を竹や帛に記したが、それは道理に適っているから、後世の人もこれに従うのである。

人々に飢えや寒さを取り去ってしまえば、賁育といえども法を行うことができないだろう。
また、自然の理に合っていなければ、道理が正しくても従わないだろう。
賁育のような強勇の者でも実行できないようであれば、君主は安心していられない。
君主が人々に既に尽力した事柄を不充分として責めるなら、人々は答えようがなく、法を軽んじるようになるだろう。
法は国を治める根本であるのにこれを軽んじては、君主の功はならず名声も得られない。

私はこう聞いている。
昔、扁鵲が難病を治すのに、刀で骨を刺す方法であり、聖人が危急の国を救うのに、忠言で君主の耳に逆らう方法であった、と。
骨を刺すのだから、体に小さな痛みはあるが、その身には長く利益がある。
君主の耳に逆らうのだから、君主に少しは逆らうことになるが、国に永く福をもたらす。

ゆえに難病の人には痛みに耐えることが利益であり、剛毅な君主は福を得るために耳に逆らう言葉を聞く。痛みを耐えるから扁鵲は技術を尽くせ、耳に逆らう言葉を聞くから子胥は諫言できた。これこそ長寿、安泰の道である。
病んで痛みに耐えなければ扁鵲の技術は得られず、国が危ういとき耳に逆らう言葉を聞かなければ、聖人の意見を聞くことはできない。そのようであれば国の利益を長く得られず、功績や名声は得られない。

国の安危は政治の是非にあって、兵の強弱ではない。
国の存亡は名実にあって、人数の多寡ではない。
ゆえに斉は万乗の大国でありながら名と実が一致せず、お上の威勢は国内に渡らず、名に実が伴わないので、臣下が君権を奪うことになった。 
桀は天子である。しかし人の分別ができず、功績のない者を賞し、口達者を採用し、虚言を信じて尊び、無罪の者を罰し、せむしは天性のものであるがそれを咎めて背を割かせた。虚言者が称賛され、天性のものを非とするようであったから、小臣が大君に勝つことができたのである。

明主は内部を堅めておくから外部で損失を被ることがない。
自分の身近で損失を被る者が遠方では損失を被らない、などということはない。
ゆえに周が殷から天下を奪ったやり方は、庭に落ちた物を拾うかのごとくで、殷が朝廷内部を堅めて落とさなければ、周は殷との境から毛ほどの土地も望まなかったであろう。ましてや君位を取って代わることなどできたてあろうか。
明主のやり方は法に忠実であり、その法は人の心に忠実であるから、臣民は君主を模範とし、その死後も思い慕われる。

堯は民と堅く決められた約束はなかったが、当世において堯の道は行われた。
舜は錐を立てるほどの土地も持たなかったが、後世においてもその徳は民の心に結びついている。
太古に正道を行い、その徳を万世に至るまで伝えている者を、明主というのである。


【安危 現代語訳】

 

安術 七有り、危道 六有り。

 

安術。

一に曰く、賞罰 是非に隨(したが)ふ。

二に曰く、禍福 善悪に隨(したが)ふ。

三に曰く、死生 法度に隨(したが)ふ。

四に曰く、賢不肖有りて、愛悪(あいお)無し。

五に曰く、愚智有りて、非誉(ひよ)無し。

六に曰く、尺寸(せきすん)有りて、意度(いたく)無し。

七に曰く、信有りて詐(さ)無し。

 

危道。

一に曰く、縄の内に斲削(たくさく)す。

二に曰く、法の外に断割(だんかつ)す。

三に曰く、人の害とする所を利とす。

四に曰く、人の禍とする所を楽しむ。

五に曰く、人の安とする所を危とす。

六に曰く、愛する所 親しまず。悪(にく)む所 疎(うと)んぜず。

 

是の如くんば則ち人 其の生を楽しむ所以(ゆえん)を失ひ、而して其の死を重んずる所以(ゆえん)を忘る。

人、生を楽しまずんば則ち人主尊からず、死を重んぜずんば則ち令行はれざるなり。

 

天下をして皆 智能を儀表に極め、力を権衡(けんこう)に尽くさしめば、以て動きては則ち勝ち、以て静かにしては則ち安し。

世を治めて、人をして生を是を為すに楽しみ、身を非を為すに愛せしめば、小人少なくして君子多からん。

 

故に社稷常(なが)く立ち、国家久しく安し。

奔車(ほんしゃ)の上に仲尼無く、覆舟(ふくしゅう)の下に伯夷無し。

故に号令は国の舟車なり。安ければ則ち智廉(ちれん)生じ、危ふければ則ち争鄙(そうひ)起こる。

故に国を安んずるの法、饑(う)ゑて食ひ、寒くして衣(き)るが若(ごと)し。令せずして自(おのずか)ら然(しか)るなり。

先王、理を竹帛(ちくはく)に寄す。其の道、順なり。故に後世 服す。

 

今、人をして饑寒(きかん)を去らしむ。賁育(ほんいく)と雖も行ふ能(あた)はず。

自然を廃すれば、道に順(したが)ふと雖も立たず。

強勇の行ふ能(あた)はざる所は、上と雖も安きこと能(あた)はず。

上、厭(あ)く無きを以て已に尽くるを責めば、則ち下は有る無しと対(こた)へん。有る無くんば則ち法を軽んぜん。

法は国を為(をさ)むる所以(ゆえん)なり。而して之を軽んぜば則ち功 立たず、名 成らず。

 

聞く、古(いにしへ)扁鵲(へんじゃく)の其の病を治するや、刀を以て骨を刺す。聖人の国を救ふや、忠を以て耳に拂(もと)る。

骨を刺す、故に小痛 体に在りて、而して長利 身に在り。

耳に拂(もと)る、故に小逆 心に在りて、而して久福 国に在り。

 

故に甚病(じんびょう)の人、利、痛を忍ぶに在り、猛毅(もうき)の君、忠を以て耳に拂(もと)る。痛を忍ぶ、故に扁鵲(へんじゃく)巧を尽くす。耳に拂(もと)れば則ち子胥 失はず。寿安の術なり。

病みて痛を忍ばずんば、則ち扁鵲(へんじゃく)の巧を失ひ、危くして耳に拂(もと)らずんば、則ち聖人の意を失ふ。此(かく)の如くんば長利 遠く垂れず、功名 久しく立たず。

 

人主自ら刻するに堯を以てせず、而して人臣を責むるに子胥を以てす。

是(これ)殷人の尽(ことごと)く比干(ひかん)の如くなるを幸(ねが)ふなり。

(ことごと)く比干(ひかん)の如くならば、則ち上は失はず、下は亡(ほろ)びず。其の力を権(はか)らずして田成(でんせい)有り。而して其の身(ことごと)く比干(ひかん)の如くならんを幸(ねが)ふ。故に国、一も安きを得ず。

堯舜を廃して桀紂を立てば、則ち人、長ずる所を楽しむを得ずして短なる所を憂ふ。長ずる所を失はば、則ち国家 功無く、短なる所を守らば、則ち民 生を楽しまず。功無きを以て生を楽しまざるを御(ぎょ)す。斉民に行ふ可からず。

此(かく)の如くんば則ち上、以て下を使ふ無く、下、以て上に事(つか)ふる無し。

 

安危は是非に在りて、強弱に在らず。

存亡は虚実に在りて、衆寡(しゅうか)に在らず。

故に斉は万乗なり。而して名実称(かな)はず。上、国内を空虚にして、名実を充満せず。故に臣、主を奪ひ天子を殺すを得たり。

而るに是非無くして無功を賞し、讒諛(ざんゆ)を使ひ、詐偽を以て貴しと為し、無罪を誅し、傴(う)をして天性を以て背を剖(さ)かしむ。詐偽を以て是(ぜ)と為し、天性を非と為し、小、大に勝つを得たり。

 

明主は内を堅くす。故に外に失はず。

之を近きに失ひて、遠きに亡びざる者、有る無し。

故に周の殷を奪ふや、遺(お)ちたるを庭に拾へり。殷をして朝に遺(おと)さざらしめば、則ち周、敢へて秋毫(しゅうごう)を境に望まず。而るを況(いはん)や敢へて位を易(か)ふるをや。

明主の道は法に忠なり。其の法は心に忠なり。故に之に臨みて法(のっと)り、之を去りて思ふ。

 

堯は膠漆(こうしつ)の約 無けれども、当世に於いて道 行はる。

舜、置錐(ちすい)の地 無けれども、後世に於いて徳結ぶ。

能(よ)く道を往古に立てて、徳を万世に垂るる者、之 明主と謂ふ。