和氏

【和氏 現代語訳】

 

楚の国に和氏(かし)という者が、山中で璞玉を得て、厲王に献上した。厲王は玉を磨く職人に鑑定させた。すると職人は、ただの石だと言った。厲王は和氏が自分を騙したと思って、和氏を罰して左足のすじを切る刑を与えた。
厲王が死に、武王が即位したとき、和氏は再び璞玉を武王に献上した。武王は玉を磨く職人に鑑定させたが、やはり職人はただの石だと言った。武王もまた和氏が自分を騙したと思って、和氏を罰して右足のすじを切る刑を与えた。
武王が死に、文王が即位した。
和氏は其の璞玉を胸に抱き、楚山の麓で号泣した。三日三晩泣き続け、涙は枯れ果て、続いて血の涙まで流した。
文王はこれを聞き、その理由を尋ねさせた。世の中、足斬りの刑にあう者は多い。どうしてそんなに慟哭するほど悲しむのか、と。
和氏は答えた。私は足斬りの刑にあったことを悲しんでいるのではありません。あの宝石を石だと言われ、自分は正直者なのに嘘つき呼ばわりされたとを悲しんでいるのです。それがこの悲しみの理由なのです、と。
王は職人に璞玉を磨かせた。すると立派な宝石であった。そしてこれは和氏の壁と名付けられた。

そもそも珠玉は君主の欲しがるものである。和氏の献上した璞玉がまだ美玉ではなかったからと言って、君主の害とはならない。それでもなお、両足を斬られて初めて実は宝石であったことが分かった。
宝石だということが分かるまでには、これほどまでに難しいことなのだ。

今、君主にとって法術は和氏の壁を求めるほど急いではいない。
しかも法術は群臣や民たちの私的な悪事を取り締まるものである。
ならば法術の士が死刑にされないのは、まだ帝王の璞玉というべき法術を献じていないだけだ。

君主が術を用いれば、重臣は好き勝手に判断を下すことはできなくなり、側近は君主の権勢を利用して私利を貪ることはできなくなる。役人が正しく法を執行すれば、庶民は農業に従事し、遊士は戦場に赴くようになる。

法術というものは、私欲を満たせなくなるので群臣や民たちにとっては災いとなる。君主が重臣の意見に反し、民の非難を越えて、法術の論理に同調するのでなければ、法術の士がたとえ命を落とすことになっても、法術の論理は評価されないのである。


昔、呉起は楚の悼王に教えるときに、楚の国の風俗について戒めた。
「大臣の権勢は強すぎ、土地を封ぜられた領主も多い。こんなことでは上は君主の権勢を脅かし、下は民を虐げるでしょう。これは国を貧しくして、軍を弱くしてしまう道理です。領主の子孫は三代で爵位や領地を没収し、多くの役人たちの俸禄を無くしたり減らしたりし、不要な役職を廃止する。そしてその浮いた爵位や俸禄を選りすぐりの者に与えるのがよろしい」と。
悼王はこれを実行した。しかし一年で亡くなってしまった。
呉起は悼王の後ろだてを失い、楚の人々によって四肢を引き裂かれて処刑された。


商君は秦の孝公に教えて什伍の制度を実施し、告坐の罰則を設け、詩経や書経を焼き捨て、法を明らかにし、私的な利益を求めることを止めさせ、公のための功労を推進させた。
民が仕官の為に自分の土地を離れることを禁じ、平時は農民、有事の際は兵士となる者を賞した。
孝公はこれらを実行し、君主の地位は尊く安泰、国は富み強くなったが、八年で亡くなってしまった。
商君は秦の人々によって車裂きの刑に処せられた。


楚は呉起の意見を用いなかったために領地を削られ、国は乱れた。秦は商君の法を実施して富強になった。
二人の主張は正しかった。しかし呉起は四肢を引き裂かれ、商君は車裂きの刑に処せられたのは何故か。

大臣は法による制約を嫌い、賤しい民は世が治まることを嫌ったからである。今の世は、大臣が権力を貪り、貧民は世の乱れに乗じて悪事を働く。これは秦や楚の状況よりもひどい。しかも今の君主で悼王や孝公のような聴く耳を持った者はいない。

このような状況で法術の士はどうして呉起や商君のような危険をおかしてまで自身の法術の理論を進言できようか。
これが今の世の中が乱れて覇王も現れない理由である。


【和氏 書き下し文】

 

楚人(そひと)和氏(かし)、玉璞(ぎょくぼく)を楚の山中に得たり。

奉じて之を厲王(れいおう)に献ず。
厲王、玉人(ぎょくじん)をして之を相せしむ。
玉人曰く、石なり、と。
王、和を以て誑(たぶら)かすと為して、其の左足を刖(あしき)る。

厲王薨(こう)じて武王位に即くに、和、又其の璞を奉じて之を武王に献ず。
武王、玉人をして之を相せしむ。
又曰く、石なり、と。
王又和を以て誑かすと為して、其の右足を刖(あしき)る。

武王薨じ、文王位に即く。
和、乃ち其の璞を抱きて楚山の下に哭す。
三日三夜、涙尽きて、之に継ぐに血を以てす。

王、之を聞き、人をして其の故を問わしめて曰く、天下の刖(あしき)らるる者多し。
子、奚ぞ哭するの悲しきや、と。

和、曰く、吾、刖(あしきり)を悲しむに非ざるなり。
夫(か)の宝玉にして之に題するに石を以てし、貞士にして之に名(なづ)くるに誑を以てするを悲しむ。
此れ吾が悲しむ所以なり、と。

王、乃ち玉人をして其の璞を理せしめて、宝を得たり。
遂に命じて和氏の璧と曰ふ。


夫れ珠玉は人主の急とする所なり。
和、璞を献じて未だ美ならずと雖も、未だ主の害を為さざるなり。
然るに猶ほ両足斬られて、而して宝乃ち論ぜらる。
宝を論ずる此くの若く其れ難きなり。

今、人主の法術に於けるや、未だ必ずしも和璧の急ならざるなり。
而して群臣士民の私邪を禁ず。
然らば則ち有道者の僇せられざるや、特に帝王の璞未だ献ぜざるのみ。

主、術を用ふれば、則ち大臣断を擅(ほしいまま)にするを得ず、近習敢へて重きを売らず。
官、法を行はば、則ち浮萌(ふほう)農耕に趨(はし)りて、游士(ゆうし)は戦陳(せんじん)に危うし。

則ち法術者は、乃ち群臣士民の禍とする所なり。
人主、能く大臣の議に倍(そむ)き、民萌の誹りを越え、独り道言を周するに非ずんば、則ち法術の士、死亡に至ると雖も、道必ず論ぜられず。


昔者(むかし)、呉起、楚の悼王に教ふるに、楚国の俗を以てす。
曰く、大臣太(はなは)だ重く、封君太(はなは)だ衆(おほ)し。
此(か)くの若(ごと)くば、則ち上は主に偪(せま)りて、下は民を虐ぐ。
此れ国を貧しくし、兵を弱むるの道なり。
封君の子孫、三世にして爵禄を収め、百吏の禄秩(ろくちつ)を絶滅し、不急の枝官を損し、以て選練の士に奉ぜしむるに如かず、と。
悼王之を行ふ。
期年にして薨ず。
呉起、楚に枝解せらる。

商君、秦の孝公に教へ、以て什伍を連ね、告坐の過を設け、詩書を燔(や)きて法令を明(あきらか)にし、私門の請を塞ぎて、公家の労を遂げ、游宦の民を禁じて、耕戦の士を顕はす。
孝公之を行ひ、主以て尊安、国以て富強。
八年にして薨ず。
商君秦に車裂せらる。

楚、呉起を用ひずして削乱す。
秦、商君の法を行ひて富強。
二子の言や已に当たる。
然り而して呉起を枝解し、商君を車裂する者は、何ぞや。

大臣、法に苦しみて、而して細民、治を悪(にく)めばなり。
今の世に当たりて大臣、重を貪り、細民、乱に安んずること、秦楚の俗より甚し。
而して人主、悼王孝公の聴無し。
則ち法術の士、安(いずくん)ぞ能く二子の危を蒙(をか)して、己の法術を明さんや。
此れ世、乱れて覇王無き所以なり。