十過

十過 現代語訳】

 

十過とは。

ひとつ目は、小さな忠義を行うのは大きな忠義にとっては害である。

二つ目は、小さな利益にこだわると大きな利益を損なう。

三つ目は、行動が普通ではなくでたらめで諸侯に無礼なのは、その身を亡ぼす原因である。

四つ目は、政治に務めず音楽などに熱中するのは、身を困窮させる原因である。

五つ目は、欲深く利益ばかりを追求するのは、国を滅ぼし身を滅ぼす本である。

六つ目は、女の歌舞に耽り国政を顧みないのは、国を亡ぼす禍である。

七つ目は、国許を離れて遠方に遊び臣下の諫言を蔑ろにするのは、身を危うくする道理である。

八つ目は、過ちを犯しても忠臣の意見を聞き入れず自分の独断を押し通すのは、名声を失い世の笑い者になる始めである。

九つ目は、自国の力をわきまえず、外国の力に頼りきるのは、国を削られてしまう害悪である。

十は、国が弱小であるのに無礼で諫言に耳を貸さないのは、己の世を絶ってしまう原因である。


何を小忠と言うのか。
昔、楚の共王が晋の厲公と鄢陵で戦った。楚軍は敗れ、共王は目に傷を負った。
その戦いの最中に、楚の司馬、子反は喉が渇いて水を求めた。
配下の豎、穀陽が酒の入った杯を献じた。
子反は言った。や、下げよ、それは酒だ、と。
すると豎、穀陽は酒ではありません、と言う。
そこで子反は受けてそれを飲んだ。
子反はもともと酒を好み、飲んでうまいと思えば口から離すことができなくなり、酔いつぶれてしまうのだ。そのうちに既に戦いは終わってしまった。
共王は翌日また戦おうと思って、人をやって司馬子反を召し出させた。
すると司馬子反は胸の具合が悪いといって断った。
王は車で自ら往って、子反の帷幄に入り、酒のにおいを嗅ぎつけて帰っていった。
共王は言った。今日の戦は私自ら戦って傷を負った。頼みの綱は司馬である。しかしその司馬までもこのように酔いつぶれている。これは楚の社稷を忘れ、我ら君臣や民のことなど気にしないということだ。私はもはや戦えない、と。
こうして軍を引き返して去り、司馬子反を斬って重刑にした。
豎穀陽が酒を勧めたのは子反に仇なすためではない。その心は子反を忠義から慕ってのことであったのに、たまたま子反を殺してしまう原因となった。
だから言うのだ、小さな忠義を行うのは大きな忠義にとっては害である、と。


何を小利を顧みると言うのか。
昔、晋の献公が虞の道を通してもらい、虢を伐とうと思った。
臣下の荀息が言った。ご主君、どうぞ垂棘の玉壁と屈産の馬を虞公に贈り、道を借りたいと仰れば、必ず道を通してくれるでしょう、と。
献公は言った。垂棘の玉壁は先君から伝わる宝であり、屈産の馬は私の駿馬である。もし虞公が私の贈物を受け取り、道を貸さなければどうするのか、と。
荀息が言った。虞公が我らに道を道を貸さないのなら、必ず贈物を受けないでしょう。もし贈物を受け、我らに道を貸せば、玉壁は都の蔵から外の蔵へ移しかえるのと同じで、馬は都の厩から外の厩へ繋ぎかえるのと同じです。ご主君はご心配しなさるな、と。
献公は、よろしい、と言った。
そこで荀息に命じ、垂棘の玉壁と屈産の馬を虞公に贈り、道を借りたいと求めさせた。
虞公はその玉壁と馬に目がくらみ、道を貸すのを許そうとした。
臣下の宮之奇が諫めて言った。許してはなりません。虞と虢がある様は車の底と側面の板のような関係で、側板は底板に寄りかかり、底板は側板に寄りかかります。虞と虢の形勢はまさにこのような関係です。もし晋に道を貸せば、虢は明朝にも亡び、虞も明晩にも続いて亡びましょう。いけません。どうか許してはなりません、と。
しかし虞公は聴かなかった。
そしてついに晋に道を貸した。
荀息は虢を伐ち晋へ帰還した。
そのまま三年がたち、軍を興して虞を伐ち、これにも勝った。
荀息は馬をひき、玉壁を取って献公に奉じた。
献公は喜んで言った。玉壁はもとのままだが、馬の歯はますます伸びたぞ、と。
故に、虞公の軍が危機に瀕し、国土が削られたのは何故かと言うと、小さな利益を惜しんでそれによる弊害を思慮しなかったからである。
だから言うのだ、小さな利益にこだわると大きな利益を損なう、と。


何を行動がでたらめだと言うのか。
昔、楚の霊王が申で会合を開催した。
宋の太子が遅れて来ると、これを捕らえて囚人として扱った。
また徐君主を侮り、斉の慶封を拘束した。
そこで、中射士が諫めて言った。諸侯と会合をするのに、無礼を働いてはなりません。我が国の存亡に関わります。昔、夏の桀王は有戎で会合を開き、有緡に背かれ、殷の紂王は黎丘で会合を開き、戎狄に背かれたのは、無礼であったためです。ご主君はこれをよくお考えください、と。
霊王は聴き入れず、自分の思い通りにした。
その後一年と立たぬうちに霊王は南遊したが、群臣が反乱を起こして霊王を脅かした。
霊王は餓え、乾渓のほとりで自害した。
だから言うのだ、行動がでたらめで諸侯に無礼なのは、その身を亡ぼす原因である、と。


何を音楽を好むと言うのか。
昔、衛の霊公が晋に行こうとして濮水のほとりにさしかかり、馬を車から外して放ち、幕舎を設けて宿営した。
夜が更けて誰かが珍しい音楽を奏でるのを聞いて霊公は喜んだ。
人をやって周りの者に問わせたが、皆が何も聞いていないと答える。
そこで楽師の涓を召し出し告げた。珍しい音楽を奏でる者がいる。人やって問うたが誰も聞いていないと答える。その様はこの世のものではないようである。そなたは我がためにそれを聴いて、写してほしい、と。
楽師涓はわかりました、と言い、静かに座り、琴を鳴らしながらこれを写した。
涓は翌日報告した。私はこれを写しました。しかしまだ習得できておりません。どうかもうひと晩これを習いたいのです、と。
霊公は、よろしい、と言った。
そこでもうひと晩ここに留まってこれを習得し、それから去って晋へ行った。
晋の平公は霊公を施夷の台でもてなした。宴もたけなわ、霊公は立ち上がって言った。珍しい音楽があります。ぜひ披露致したい、と。平公は、それはよい、と言った。
そこで楽師涓を召し、晋の楽師曠の隣に座らせ、琴を弾いて演奏させた。
しかしまだ演奏が終わらぬうちに楽師曠は琴を止めさせて言った。これは亡国の音です。最後まで演奏してはいけません、と。
平公は問うた。これはどういう由来の音楽なのか、と。
楽師曠は言った。これは師延が作ったもので、紂王のために淫靡な音楽にしたのです。武王が紂王を伐つに及び、師延は東に逃げ、濮水に至り、身を投じました。故にこの曲を聴くのは必ず濮水のほとりであり、他より先にこの音楽を聴いた者は、その国は必ず削られてしまいます。ですから最後まで演奏してはいけません、と。
平公は言った。私はただ音楽を好んでいるだけなのだ。そなたはこれを最後まで演奏しなさい、と。
楽師涓は演奏して最後まで終えた。
平公は楽師曠に問うた。これは何という声か、と。
楽師曠は言った。これはいわゆる清商です、と。
平公は言った。清商というのが最も悲しい声なのか、と。
楽師曠は言った。清徵には及びません、と。
平公は言った。清徵というのを聞かせてもらえるか、と。
楽師曠は言った。できません。昔から清徵を聴いた者は皆、徳義を備えた君主です。今、我が君は徳が薄く、清徵を聴くには不充分です、と。
平公は言った。私は音楽を好むだけだ。どうか試しに聴かせてほしい、と。
楽師曠はやむを得ず琴を弾いて演奏した。
楽師曠がひとたび清徵の曲を奏でると、黒い鶴が八羽ずつ二列で南方から飛んできて、廻廊の門の軒端に集まった。
更にこれを奏でると一列に並び、また更に奏でると鶴は首を伸ばして鳴き、翼を広げて舞った。
翼の音は五声の音に適い、鳴き声は天に響きわたった。
平公は大いに喜び、宴席にいる人びとも皆喜び、平公は杯をとって立ち上がり、楽師曠を祝福した。
平公は座にかえり、問うた。音楽では清徵より悲しい音はないのか、と。
楽師曠は言った。清角には及びません、と。
平公は言った。清角を聴かせてもらえるか、と。
楽師曠は言った。できません。昔、黄帝が幽鬼精霊を泰山の上に集合させたとき、象牙の車に乗って六匹の龍がこれを引き、畢方が車轄に並び、蚩尤が車の前にいて、風伯が塵払いをし、雨師が道を潤し、虎狼が先駆し、精霊が後ろにあり、蛇が地に伏し、鳳凰が上を覆いました。こうして大いに幽鬼精霊を集め、清角を作りました。しかし我が君は徳が薄く、これを聴くには及びません。これを聴けばおそらく禍が起こるでしょう、と。
平公は言った。私は年をとった。ただ音楽を好むだけだ。願わくばこのままこれを聴きたいのだ、と。
楽師曠はやむを得ずこれを奏でた。
ひとたびこれを奏でると黒い雲が西北の空より起こり、再び奏でると大風が吹き、大雨が降り、帷幕を引き裂き、膳を壊し、廻廊の瓦を落とし、宴席にいた者は散り散りに逃げ去った。
平公は恐れおののき、廻廊の隅に身を伏せた。
やがて晋国は大旱魃にあい、地は三年も草木が生えず、平公の身は疱瘡を病んだ。
だから言うのだ、政治に務めず音楽などに熱中するのは、身を困窮させる原因である、と。


何を貪愎と言うのか。
昔、知伯瑤は趙、韓、魏の軍勢を率いて范氏と中行氏を伐って滅ぼした。
軍を戻して兵を休めること数年、使者を韓に遣って土地を要求した。
韓康子は与えまいと思ったが、段規が諫めて言った。与えなければなりません。あの知伯の性質は、利を好み傲慢。彼が来て土地を要求したのに与えなければ、兵を韓に向けましょう。ご主君は土地を与えられますように。これを与えれば彼は味をしめて他国に対しても土地を要求しようとするでしょう。他国の中には拒否する国もあるでしょう。拒否すれば知伯は必ずや兵を差し向けましょう。こうなれば韓は難を免れ、情勢の変化を待つ事ができます、と。
康子は言った。よろしい、と。
そこで使者をたて一万戸の県をひとつ知伯に割譲した。
知伯は悦んだ。
また人をやって土地を魏に求めた。
魏宣子は与えまいと思ったが、趙葭が諫めて言った。彼は韓に土地を要求し、韓はこれを与えました。今、土地を魏に要求し、魏が与えなければ、魏国内には魏は強いと見せ、国外では知伯を怒らせます。もし魏が与えなければ兵を魏に差し向けるに決まっております。土地を与えるに越したことはありません、と。
宣子は言った。よろしい、と。
そこで人をやって一万戸の県をひとつ知伯に割譲した。
知伯はまた人をやって趙に遣わせ、蔡と皐狼の土地を要求した。
趙襄子は拒否した。
知伯はそのために密かに韓と魏と約束して趙を伐とうとした。
襄子は張孟談を召し出して告げた。あの知伯の性質は表では親しくしても陰では疎んじるような人物である。知伯は三度も韓と魏に使者を送り、私には何も言ってこない。その兵を私に差し向けるに決まっている。今、私はどこに拠点をおけば良いものか、と。
張孟談は言った。あの董閼于は先代簡主の賢才の臣であり、晋陽を治めており、配下に尹鐸が従い、その教えの名残がまだ残っています。ご主君は晋陽を拠点に定めるべきでしょう、と。
襄子は言った。そうしよう、と。
そこで延陵生を召し出し、兵車騎兵を率いて先に晋陽へ到着させ、その後に襄子も続いた。
襄子が到着してその城郭や諸官の蔵を巡視すると、城郭は補修されておらず、倉庫に食料の蓄えは無く、財政府に金銭の蓄え無く、武器庫に甲兵器無く、城内に防備も無かった。
襄子は心配して張孟談を呼んで言った。私は城郭や諸官の蔵を巡視したが、みな備えがない。私はいったいどうやって敵と応戦すればよいのだろうか、と。
張孟談は言った。私はこう聞いております。聖人が国を治めるのに、民に蓄えさせて国庫に蓄えず、民の教育に務めて城郭の補修はしない、と。ご主君は命令を出して民にそれぞれ三年分の食糧を残して、余りのある者はこれを国庫へ入れ、それぞれ三年分の金銭を残して、余りのある者はこれを国庫に入れさせ、人手の余っている者がいれば城郭の補修をさせよ、と。
襄子が夕方に命令を出すと、翌日には倉庫には食料が入りきらず、府庫には銭を積みきれず、武器庫には甲兵器を受けきれないほどであった。
そして五日が経つ頃には城郭の補修も終わり、防備も完了した。
そこで襄子は張孟談を呼んで問うた。我が城郭は補修が終わり、防備も整った。金銭食糧共に充分で、甲兵器も余るほどある。ただ矢が無いのをどうしたらよいか、と。
張孟談は言った。私はこう聞いております。董子が晋陽を治めていたとき、公宮の垣はみな、荻蒿や楛楚を使って立てており、楛楚は高さが一丈に届くものもあります。どうかご主君はこれを切って用いてください、と。
そこでこれを切って用いてみたところ、その堅さは竹の菌簵といえどもこれに勝らないほどであった。
襄子は言った。我が矢は充分できた。しかし、金属が無いのをどうすればいいだろうか、と。
張孟談は言った。私はこう聞いております。董子が晋陽を治めていたとき、公宮や官舎の堂の柱はみな、銅を素材に用いました。どうかご主君はこれをとって用いなさいませ、と。
そこでこれをとって用いてみたところ、金属は余るほどであった。
号令は全て定まり、防備はすでに整ったころ、三国の兵が到着した。
到着するとすぐ晋陽の城壁に取りつき、戦になった。
三か月経っても落とすことができなかったので、軍を延べ広げて晋陽を囲み、晋水の堤をきって城中へ注ぎ、晋陽を囲んで三年が経った。
城中の人々は住居を鳥の巣のように高くし、釜を宙吊りにして煮炊きしていたが、財も食糧も尽きかけて、将兵みな疲れ病んでしまった。
襄子は張孟談に言った。食糧は乏しく物資も尽き、将兵は疲弊し病んでいる。私は恐らく守りきることができないだろう。城ごと降伏しようと思うのだが、どの国に降伏するべきであろうか、と。
張孟談は言った。私はこう聞いております。亡びかかっていても救えず、危機にあって安んずることができないのは、智恵を貴ぶことがない、と。ご主君はこの計略をお忘れのようです。私が試しに忍び出でて韓と魏の君主に会ってきましょう、と。
張孟談は韓と魏の君主に会って言った。
私はこう聞いております。唇亡びて歯寒し、と。今、知伯はお二方を率いて趙を伐ちに来て、趙は今にも亡びようとしています。趙が亡びればお二方がこの次の標的となりましょう、と。
二人の君主は言った。私もその通りだとわかっている。しかし知伯の人となりは粗暴で情が薄い。我らが計画を知られれば、禍が必ずやもたらされよう。これをどうすればいいだろうか、と。
張孟談は言った。計画はお二方の口から発せられ、私の耳に入りました。他にこのことを知る者はいません、と。
二人の君主は張孟談と両軍の寝返りを約束し、日取りを決め、夜、張孟談を送って晋陽に帰し、二人の君主の寝返りを襄子に報告させた。
襄子は張孟談を迎えて再拝の礼をした。一方では嬉しくもあり、一方では心配でもあった。
二人の君主は寝返りを約束して張孟談を送った。
そして知伯に挨拶に行った帰りに、陣門の外で智過とたまたま出会った。
智過は二人の顔色を怪しんだ。
そこで陣幕へ入り知伯に会って言った。あのお二方のご様子は、どうも変事を起こそうとしているようです。知伯は言った。どんな様子であったか、と。答えて言う。歩く様は尊大で、威丈高。いつものような様子ではありませんでした。ご主君は先手を打たれるべきです、と。
知伯は言った。私はあの二人と約束をして守っているのだ。趙を破ってその土地を三分させることは、私が彼らに親しんでいることの証であり、必ずや裏切るようなことはない。軍が晋陽を囲んで三年、今にも城を落としてその利を得ようとしているのに、どうして寝返ったりするだろうか。決してそのようなことにはならない。そなたは疑いを解いて心配するな。口に出さないようにせよ、と。
翌朝二人の君主はまた挨拶に出向き、また智過に陣門で出遭った。
智過は陣幕へ入り知伯に会って言った。私の進言をお二方に告げたのですか、と。
知伯は言った。なぜそれがわかるのかね、と。
智過は言った。今日お二方が陣幕から出て、私を見て顔色を変え、私を注視しました。これは必ずや事変が起こります。ご主君は彼らを殺すのがよろしい、と。
知伯は言った。そなた、やめよ。もう言うでない、と。
智過は言った。いけません。必ず彼らを殺し給え。もし殺すことができないのなら、彼らとさらに親しみなさいませ、と。
知伯は言った。彼らに親しむとはどういうことかね、と。
智過は言った。魏宣子の謀臣を趙葭といい、韓康子の謀臣を段規といいます。彼らはみな、それぞれの君主の計画を変えさせることができます。そこでご主君は二人の君主と約束をして、趙を破ったら謀臣二人を一万戸の県に封じるようになさいませ。こうすれば二人の君主の心を変えることができましょう、と。
知伯は言った。趙を破ってその土地を三分割し、さらにかの二人を一万戸の県に封じれば、私が得られる土地が少なくなるではないか。それはだめだ、と。
智過はその進言が聴き入れられないとわかると、退出した。そして一族の名を改めて輔氏とした。
約束の日の夜になり、趙氏は堤の守将を殺し、水を決壊させて知伯の軍に注ぎかけた。
知伯の軍は水を防ごうと混乱した。
韓と魏はこれを挟み撃ちにし、襄子は兵を率いて前方を攻め、大いに知伯の軍を敗り、知伯を捕らえた。
知伯は死に、軍は敗れ、国は三つに分けられ、天下の笑い草となった。
だから言うのだ、欲深く利益ばかりを追求するのは、国を滅ぼし身を滅ぼす原因である、と。


何を女の歌舞に耽ると言うのか。
昔、戎族の王が由余を秦へ遣わせた。
秦の穆公は由余に問うた。私は道というものを聞いているのだが、いまだに目で見ることができないでいる。願わくば古代の明君は国を保つのと国を失うのにどのような法則があるのか聞かせてほしい、と。
由余は答えた。私はかつてこう聞いたことがあります。法則として、倹約によって国を保ち、贅沢によって国を失う、と。
穆公は言った。私は辱を忍んで道をあなたに問うたのに、それが倹約だなどと答えるとはどういうことかね、と。
由余は答えて言った。私は聞いております。昔、堯が天下を治めたとき、素焼きの器で飯を食い、水を飲んでいました。その勢力地は南は交趾に、北は幽都に、東西は日月が出入りするところにまで広がり、朝貢して服さない者はいませんでした。
堯が天下を譲って舜が受けると、食器を飾りました。山の木を切って材木とし、鋸で切ってやすりがけをし、漆を塗って宮殿に運んで食器としました。諸侯はずいぶん豪奢になったと思って、服従しない国が十三できました。
舜が天下を譲って禹に伝えると、禹は祭器を飾りました。器の外側を黒く塗り、内側を朱く塗り、寝床を絹にして、敷物はふさで飾り、酒の酌を彩り、酒樽や台には飾りをつけました。ますます豪奢になったと、服従しない国が三十三になりました。
禹の夏后氏が絶えて殷が天下を受けると、天子のための車を作り、九つの旗を立て、食器には彫刻をし、酒の酌に金細工を施し、四方の壁を白く塗り、寝床や敷物に刺繍を施しました。これはいよいよ豪奢で、服従しない国が五十三にもなりました。
王侯貴族たちは美しく飾り立てることを知っていくにつれ、服従しようとする国はますます減りました。
だから私は言うのです。倹約こそが国を保つ道である、と。
そして由余は退出した。
穆公はそこで内史廖を召し出し告げた。私は聞いている。隣国に賢人がいるのはその敵国にとっては心配事である、と。今、由余は賢人であり、私はこれを心配している。私はどうしたら良いだろうか、と。
内史廖は言った。私は聞いています。戎王の住処は僻地にあって遠くまだ中国の音楽を聞いたことがない、と。どうかご主君は戎王に女楽を送って、戎族の政治を掻き乱しなさいませ。その後、由余の滞在期間を長くするよう請い、由余の諫言から遠ざけさせます。あちらの君臣関係に隔たりができたら手を打つのです、と。
穆公は、よろしい、と言った。
そこで内史廖に女楽十六人を戎王に送らせ、由余の滞在期間の延長を申し入れた。
戎王は承諾し、女楽を見て悦び、酒宴を設けて日々女楽を聴き、その場から動かなかったので、牛馬は半ばが死んでしまった。
由余は帰国し戎王を諫めたが聴き入れられない。
由余はとうとう去って秦へ行ってしまった。
秦の穆公は迎え入れて由余を上卿にして、戎族の兵力や地形について問い、その情報を得ると挙兵して戎を伐った。
国を併合すること十二、土地を増やすこと千里。
だから言うのだ、女の歌舞に耽り、国政を顧みないのは、国を亡ぼす禍である、と。 


何を国許を離れて遠方に遊ぶと言うのか。
昔、斉の田成子が海沿いの地方を旅して楽しんだ。
そして諸大夫に命令して言った。帰ろうなどと言い出す者は死罪とする、と。
顔涿聚は言った。ご主君は海へ旅して楽しんでおられるが、この隙に国を狙う者がおれば、どうするのですか。そうなればご主君がここで楽しみたいと望んだとて、どうしてできましょうや、と。
田成子は言った。私は命令して帰ろうと言う者は死罪だと言った。今そなたは私の命令を破った、と。
そして戈を引き、顔涿聚を撃とうとした。
顔涿聚は言った。昔、桀王は関龍逢を殺し、紂王は王子比干を殺しました。今ご主君は私を殺して、この身を三つに斬ろうとなさいますが、どうぞ。私が言うのは国の為であって、我が身の為ではありませぬ、と。
頸を差し延べて進み出て言った。さあ、お撃ちなさい、と。
田成子は戈を捨てて馬車を急がせて帰った。
都に着いて三日、国に田成子を追い出そうと謀っていた者がいるのを聞いた。
田成子が斉国を手に入れた原因は顔涿聚の力である。
だから言うのだ。国許を離れて遠方に遊ぶのは身を危うくする道理である、と。


何を過ちを犯しても忠臣の意見を聞き入れないと言うのか。
昔、斉の桓公は諸侯と会合し、天下を匡して統一し、春秋五覇の筆頭となった。
管仲がこれを補佐したのである。
その管仲も老い、仕事をこなすことができず、家で休むようになった。
桓公が管仲を訪ねて問うた。仲父は家にこもり、病んでいる。もし不幸にもこの病から回復しなかったら、誰に執政を任せばよいだろうか、と。
管仲は言った。私も老いました。お尋ねなさいますな。しかしながら私はこう聞いております。臣下を見抜くのは君主に及ぶ者はなく、子を見抜くのは父に及ぶ者はない、と。ご主君も試しにご自身でお決めなさい、と。
桓公は言った。鮑叔牙はどうだろうか、と。
管仲は言った。だめです。鮑叔牙の性格は、剛強で自信家、気性が荒いのです。剛強であれば民を力ずくで従わせ、自信家であれば民心は得られず、気性が荒ければ部下は恐れて動かず、警戒心を抱かぬ故、覇者の補佐にはふさわしくありません。
桓公は言った。それならば豎刁はどうか、と。
管仲は言った。だめです。人の情として我が身を大切にせぬ者はおりませんのに、ご主君が嫉妬深く好色なことにつけ込み、豎刁自ら去勢して後宮の政を行いました。その身すら大切にせぬ者がどうしてご主君を大切になさいましょうや、と。
それならば公子開方はどうか、と。
管仲は言った。だめです。斉と衛の間は十日の行程に過ぎないのに、ご主君にお仕えしそのお心に適おうと、十五年もの間帰省して父母に会いませんでした。これは人情ではありません。父母にすら親しまぬのに、どうしてご主君に親しみましょうや、と。
桓公は言った。それならば易牙はどうか、と。
管仲は言った。だめです。あの易牙はご主君の料理番ですが、ご主君がまだ召し上がっていないのは人肉だけなので、易牙は我が子を蒸して献じました。ご主君もご存知でしょう。人情として我が子を愛さない者はおりません。しかし今我が子を蒸した料理を献じました。我が子すら愛さない者が、どうしてご主君を大切にしましょうや、と。
桓公は言った。それならば誰なら良いのか、と。
管仲は言った。隰朋がよろしい。その人となりは内は堅実、外は清廉、欲は少なく信義に厚い。内に堅実であれば人々の手本となり、外に清廉であれば重要な任務も任せられ、欲が少なければ多くの人々によく命令でき、信義に厚ければ隣国とも親交が深まりましょう。これこそ覇者の補佐に相応しいのです。ご主君は隰朋を用いるのがよろしいでしょう、と。
桓公は言った。わかった、と。
それから一年余りで管仲は死んだ。
桓公はとうとう隰朋を用いず、豎刁に執政を任せた。
豎刁が執政に臨んで三年が過ぎた頃、桓公は南の堂阜へ旅行に出かけた。
すると豎刁は易牙と衛の公子開方及び大臣たちを率いて反乱を起こした。
そのため桓公は飢えと渇きにみまわれ、南門の寝所、守衛の部屋で死んでしまった。
その身が死んで三月も葬られず放置され、蛆が湧いて部屋の戸から溢れるほどであった。
桓公の軍は天下に轟き、春秋五覇の筆頭となるも、最後には臣下に殺されて名声を失い、天下の笑い者となったのは何故か。
管仲の助言を用いなかったための過ちである。
だから言うのだ。過ちを犯しても忠臣の意見を聞き入れず自分の独断を押し通すのは、名声を失い世の笑い者になる始めである、と。


何を自国の力をわきまえないと言うのか。
昔、秦が宜陽を攻めたとき、韓は窮した。
そこで公仲朋が韓君に言った。味方の国を頼るべきではありません。張儀に頼って秦と和睦するに越したことはありません。そして我が韓の名のある都市を贈り、共に南の楚を伐ちます。これで秦への心配はなくなり、損害は楚に移ることになります、と。
韓君は言った。よろしい、と。
そこで公仲朋に旅支度をさせ、西へ赴いて秦と和睦しようとした。
楚王はこれを聞いて心配し、陳軫を召し出し告げた。韓の公仲朋が今にも西へ赴いて秦と和睦しようとしている。私はどうすべきだろうか、と。
陳軫は言った。秦は韓の都をひとつ手に入れ、精兵を駆って秦と韓がひとつになって南下して楚に向かってくれば、これは秦王が日頃から祖先を祀って求めていることであり、楚の損害となることは間違いありません。楚王は急いで韓に使者を出発させ、多くの車に贈り物をたくさん載せて、韓に献じ、こう言わせなさいませ。我が国は小国ではありますが、兵はすでに悉く立ち上がりました。願わくば大国であられる韓のご意向を秦に述べられることを。なた願わくば大国であられる韓の使者を楚との国境に入らせ、楚の兵が立ち上がった様子を見させますよう、と。
すると韓は使者を出して楚へ行かせた。
そこで楚王は兵車や騎兵を出し、国境へ向かって並べ、韓の使者に言った。韓の君に報告してください。楚の軍勢が今まさに国境へ入ろうとしています、と。
使者は帰り、韓王報告した。
韓王は大いに悦び、公仲朋の出発を止めた。
公仲朋は言った。だめです。そもそも事実として我が韓を苦しめているのは秦です。言葉でもっと我が韓を救うと言っているのは楚です。楚の虚言を聴いて軽々しく強国秦の実害を侮るのは、国を危うくするもとです、と。
しかし韓王は聴かなかった。
公仲朋は怒って帰り、十日の間参朝しなかった。
その間も宜陽は秦に攻められ、急を告げる事態である。
韓王は使者をやり楚の出兵を促させた。
使者同士が互いにすれ違って行き来するも、とうとう楚軍が来ることはなかった。
果たして宜陽は陥落し、韓は諸侯の笑い者となった。
だから言うのだ。自国の力をわきまえず、外国の力に頼りきるのは、国を削られてしまう害悪である、と。


何を国が弱小であるのに無礼だと言うのか。
昔、晋の公子重耳が亡命し、曹に立ち寄った。
曹君は服をはだけさせて重耳を見せ物にした。
そのとき釐負羈と叔瞻が曹君に侍していた。
叔瞻は曹君に申した。私、晋の公子を観ましたところ、ただ者ではございません。ご主君はこれに無礼をなさいました。彼がもし時を得て国に帰り、挙兵すれば、恐らく曹の害となりましょう。ご主君はこれを殺してしまうのがよいでしょう、と。
しかし曹君は聴き入れなかった。
釐負羈は帰って浮かぬ顔をしている。
妻が問うた。あなたは外から帰ってきて浮かぬ顔をしておられるのは何故ですか、と。
釐負羈は言った。私はこう聞いている。良いことにはあずからず、悪いことには連なる、と。今日我が君は晋の公子を招き、無礼をはたらいた。私はそのとき一緒に侍っていたので浮かぬ顔をしているのだ、と。
妻は言った。私が晋の公子を観るに、大国の主のようです。その左右の従者は大国の宰相のようです。それが今、窮乏して曹に立ち寄り、曹はこれに無礼をはたらきました。これがもし国に帰ることになりますと、必ずや無礼を誅しましょう。曹はその手始めとなりましょう。あなたはどうぞ今のうちに誼を通じておきなさいませ、と。
釐負羈は言った。よろしい、と。
黄金を壺に盛り、食べ物で蓋し、玉壁をその上にのせ、夜、使者を公子に遣いさせた。
公子重耳はは使者に会い、再拝の礼で食べ物を受け取り、玉壁は辞退した。
公子は曹から楚に入り、楚から秦に入った。
秦に入って三年、秦の穆公は群臣を集めて謀をして言った。昔、晋の献公と私が仲良く交流していたことは諸侯のうちで知らぬ者はいない。献公は不幸にも群臣から離れて亡くなり、十年が経つ。その世嗣ぎは出来が良くない。私は心配だ。このままでは晋の宗廟は清く保たれず、社稷の供物が絶えはせぬかと。このような状態にもかかわらず晋の足元を固めてやらないのは、献公との交流してきた道に反する。私は重耳を輔けて晋に入れようと思うが、どうであろうか、と。
群臣は皆言った。よろしゅうございます、と。
穆公はそこで挙兵した。
革鎧の戦車五百乗、騎兵二千、歩兵五万、重耳を輔けて晋へ入れ、立てて晋君にした。
重耳は即位して三年後、挙兵して曹を伐ちに向かった。
そこで重耳は使者を送って曹の君主に告げさせた。叔瞻を城壁から懸け下ろして出せ、私が殺して処刑してやる、と。
また使者を送って釐負羈に告げさせた。我が軍勢が城に迫っている。私はあなたが礼に背かなかったことを知っている。あなたの住まいに目印をたてておかれよ。私は命令して軍勢がそこを攻めぬようにさせよう、と。
曹の人々はこれを聞き、親戚をかき集めて釐負羈の住まいへ逃げ込む者が七百余家にも及んだ。
これが礼の効用である。だから曹は小国で晋と楚の間に挟まれ、君主の地位の危ういこと積み重ねた卵の如しである。
しかも無礼でもってその地位にいる。これこそ己の世を断つ原因である。
だから言うのだ。国が弱小であるのに無礼で諫言に耳を貸さないのは、己の世を断ってしまう原因である、と。


十過 書き下し文】

 

十過。
一に曰く、小忠を行ふは則ち大忠の賊なり。
二に曰く、小利を顧みるは則ち大利の残なり。
三に曰く、行(おこなひ)僻にして自ら用ひ、諸侯に礼無きは則ち身を亡(ほろぼ)すの至(いたり)なり。
四に曰く、治を聴くを務めずして五音を好むは則ち身を窮むるの事なり。
五に曰く、貪愎(たんぷく)利を喜ぶは則ち国を滅し身を殺すの本(もと)なり。
六に曰く、女楽に耽り国政を顧みざるは則ち国を亡(ほろぼ)すの禍(わざわひ)なり。
七に曰く、内を離れ遠遊して諫士(かんし)を忽(ゆるが)せにするは則ち身を危くするの道なり。
八に曰く、過ちて忠臣に聴かずして独り其の意を行ふは則ち高名を滅し人の笑(わらひ)と為(な)るの始めなり。
九に曰く、内(うち)力を量(はか)らず外(そと)諸侯を恃むは則ち国を削るの患なり。
十に曰く、国小にして礼無く諫臣を用ひざるは則ち世を絶つの勢なり。



奚(なに)をか小忠と謂ふ。
昔者(むかし)、楚共王、晋厲公、鄢陵(えんりょう)に戦ふ。
楚の師敗れ、而して共王、其の目を傷つく。
酣戦(かんせん)の時、司馬子反(しばしはん)渇して飲を求む。
豎穀陽(じゅこくよう)、觴酒(しょうしゅ)を操(と)りて之を進む。
子反曰く、嘻(ああ)、退け、酒なり、と。
豎穀陽曰く、酒に非るなり、と。
子反、受けて之を飲む。
子反の人と為(な)りや、酒を嗜みて之を甘しとす。口に絶つ能はずして酔ふ。

戦、既に罷(や)む。
共王、復(ま)た戦はんと欲し、人をして司馬子反を召さしむ。
司馬子反、辞するに心疾を以てす。
共王駕(が)して自ら往き、其の幄(あく)中に入る。酒臭を聞きて還る。
曰く、今日の戦、不穀(ふこく)親(みずか)ら傷つく。恃(たの)む所の者は司馬なり。而して司馬、又酔ふこと此(かく)の如し。是れ楚国の社稷を亡(わす)れて吾が衆を恤(うれ)へざるなり。不穀、復(ま)た戦ふ無し、と。
是に於いて師を還して去る。司馬子反を斬りて、以て大戮(たいりく)と為す。
故に豎穀陽の酒を進むる、以て子反に讎(あだ)するにあらず。其の心、之を忠愛して、適(たま)たま以て之を殺すに足る。

故に曰く、小忠を行ふは則ち大忠の賊なり、と。



奚(なに)をか小利を顧みると謂ふ。
昔者(むかし)、晋 献公、道を虞(ぐ)に假(か)り、以て虢(かく)を伐たんと欲す。
荀息(じゅんそく)曰く、君其れ垂棘(すいきょく)の璧(へき)と屈産(くつさん)の乗(じょう)とを以て虞公に賂(まかな)ひ、道を假(か)るを求めよ。必ず我に道を假(か)さん、と。
君曰く、垂棘(すいちょく)の璧(へき)は、吾が先君の宝なり。屈産(くつさん)の乗(じょう)は寡人の駿馬なり。若(も)し吾が幣(へい)を受け、我に道を假(か)さずんば、将(まさ)に奈何(いかん)せんとす、と。
荀息曰く、彼、我に道を假(か)さずんば、必ず敢へて我が幣を受けず。若(も)し我が幣を受けて我に道を假(か)さば、則ち是れ宝は猶(な)ほ之を内府に取りて、之を外府に蔵するがごときなり。馬は猶(な)ほ之を内廐(ないきゅう)に取りて之を外廐(がいきゅう)に著(お)くるがごときなり。君憂ふる勿れ、と。
君曰く、諾、と。
乃ち荀息(じゅんそく)をして垂棘(すいきょく)の璧と屈産の乗とを以て虞公に賂(まかな)ひ、道を假(か)ることを求めしむ。
虞公、利して其の璧と馬とを貪り、之を許さんと欲す。
宮之奇(きゅうしき)諫めて曰く、許す可からず。夫(そ)れ虞の虢有るや、車の輔(ほ)有るが如し。輔(ほ)は車に依り、車亦(また)輔(ほ)に依る。虞虢の勢、正(まさ)に是なり。若(も)し之に道を假(か)さば、則ち虢は朝に亡(ほろ)びて、虞、夕に之に従はん。不可なり。願はくは許す勿(なか)れ、と。
虞公聴かず。
遂に之に道を假(か)す。
荀息、虢を伐つ。而して還反す。
処(お)る三年。兵を興し虞を伐つ。又(また)之に剋(か)つ。
荀息、馬を牽(ひ)き璧を操(と)りて獻公に報(ほう)ず。
獻公説(よろこ)びて曰く、璧則ち猶(な)ほ是(かく)のごとし。
然りと雖も馬歯亦(また)益(ます)ます長ぜり。
故に虞公の兵殆(あやう)くして地削られし者は何ぞや。小利を愛して其の害を慮らざればなり。

故に曰く、小利を顧みるは、則ち大利の残なり、と。



奚(なに)をか行僻と謂ふ。
昔者(むかし)、楚 霊王、申の会を為す。
宋 太子、後(おく)れ至る。執(とら)へて之を囚(しゅう)す。
徐君に狎(な)れ、斉の慶封(けいほう)を拘(とら)ふ。
中射士諫めて曰く、諸侯を合するは、礼無かる可からず。此れ存亡の機なり。昔者(むかし)、桀 有戎の会を為して、有緡(ゆうびん)之に叛(そむ)き、紂 黎丘(れいきゅう)の蒐(しゅう)を為して、戎狄之に叛(そむ)く。礼無きに由(よ)るなり。君其れ之を図れ、と。
君聴かず。遂に其の意を行ふ。
居ること未(いま)だ期年ならず。霊王南に遊び、群臣従ひて之を劫(おびやか)す。
霊王餓えて乾渓(けんけい)の上(ほとり)に死す。

故に曰く、行(おこなひ)僻にして自ら用ひ、諸侯に礼無きは、則ち身を亡(ほろぼ)すの至(いたり)なり、と。



奚(なに)をか音を好むと謂ふ。
昔者(むかし)、衛 霊公、将(まさ)に晋に之(ゆ)かんとす。濮水(ぼくすい)の上(ほとり)に至り、車を税して馬を放(はな)ち、舎(しゃ)を設けて以て宿す。
夜分(やぶん)にして新声を鼓(こ)する者を聞きて、之を説(よろこ)ぶ。
人をして左右に問はしむ。尽(ことごと)く聞かずと報ず。
乃ち師涓(しけん)を召して之に告げて曰く、新声を鼓(こ)する者有り。人をして左右に問はしむ。尽(ことごと)く聞かずと報ず。其の状、鬼神に似たり。子、為(ため)に聴きて之を写せ、と。
師涓曰く、諾、と。
因(よ)りて静坐し、琴を撫して之を写す。
師涓、明日(めいじつ)報じて曰く、臣、之を得たり。而して未(いま)だ習はざるなり。請ふ、復(ま)た一宿して之を習はん、と。
霊公曰く、諾、と。
因(よ)りて復(ま)た留宿(りゅうしゅく)す。
明日にして之を習ふ。遂に去りて晋に之(ゆ)く。

晋 平公、之を施夷(しい)の台に觴(しょう)す。酒酣(たけなわ)にして霊公起(た)ちて曰く、新声有り。願くは請ふ、以て示さん、と。
平公曰く、善し、と。
乃ち師涓を召して師曠(しこう)の旁(かたはら)に坐せしむ。琴を援(ひ)きて之を撫す。
未(いま)だ終らず。師曠 撫して之を止めて曰く、此れ亡国の声なり。遂(と)ぐ可からざるなり、と。
平公曰く、此れ奚(いづ)れ道(よ)り出づる、と。
師曠(しこう)曰く、此れ師延(しえん)の作る所、紂の与(ため)に靡靡(びび)の楽を為(つく)るなり。武王、紂を伐つに及びて、師延東に走り、濮水(ぼくすい)に自ら投ず。故に此の声を聞く者、必ず濮水の上(ほとり)に於いてす。先づ此の声を聞く者は、其の国必ず削らる。遂ぐ可からず、と。
平公曰く、寡人の好む所の者は音なり。子、其れ之を遂げしめよ、と。
師涓、鼓(ひ)きて之を究(きわ)む。

平公、師曠に問ひて曰く、此れ所謂(いわゆる)何の声ぞや、と。
師曠曰く、此れ所謂(いわゆる)清商(せいしょう)なり、と。
公曰く、清商、固(も)と最も悲しきか、と。
師曠曰く、清徴(せいち)に如(し)かず、と。
公曰く、清徴(せいち)、得て聞く可きか、と。
師曠曰く、不可。古(いにしへ)の清徴を聴きし者、皆、徳義有るの君なり。今、吾が君、徳薄し。以て聴くに足らず、と。
平公曰く、寡人の好む所の者は音なり。願くは試みに之を聴かん、と。
師曠已(や)むを得ず、琴を援(ひ)きて鼓す。
一(ひと)たび之を奏すれば、玄鶴(げんかく)二八有り。南方道(よ)り来たり、郎門の垝(き)に集(と)まる。
再び之を奏すして列す。三たび之を奏して、頸を延べて鳴き、翼を舒(の)べて舞ふ。
音、宮商の声に中(あた)り、声、天に聞ゆ。
平公大いに説(よろこ)ぶ。坐者皆喜ぶ。
平公、觴(さかづき)を提げて起(た)ち、師曠の寿を為し、反(かへ)りて問ひて曰く、音 清徴(せいち)より悲しき莫きか、と。
師曠曰く、清角(せいかく)に如かず、と。
平公曰く、清角得て聞く可きか、と。
師曠曰く、不可。昔者(むかし)黄帝、鬼神を泰山の上に合す。象車に駕して蛟龍(こうりょう)を六にし、畢方(ひつほう)鎋(かつ)を並べ、蚩尤(しゆう)前に居り、風伯(ふうはく)進み掃(はら)ひ、雨師(うし)道を灑(そそ)ぎ、虎狼前に在り、鬼神後に在り、騰蛇(とうだ)地に伏し、鳳皇(ほうおう)上に覆ふ。大いに鬼神を合し、清角を作為す。今、主君徳薄く、之を聴くに足らず。之を聴かば将(は)た恐らく敗(はい)有らん、と。
平公曰く、寡人老いたり。好む所の者は音(おん)なり。願ふ、遂に之を聴かん、と。
師曠已(や)むを得ずして之を鼓す。
一(ひと)たび之を奏すれば、玄雲有り、西北方従(よ)り起こる。
再び之を奏すれば、大風至り、大雨之に随ふ。帷幕(いばく)を裂き、俎豆(そとう)を破り、廊瓦(ろうが)を隳(くず)す。
坐者、散走す。
平公恐懼(きょうく)し、廊室の間に伏す。
晋国、大旱し、赤地三年、平公の身、遂に癃病(りゅうへい・瘙)す。

故に曰く、治を聴くを務めずして五音を好みて已(や)まざるは、則ち身を窮むるの事なり、と。



奚(なに)をか貪愎(たんぷく)と謂ふ。
昔者(むかし)、智伯瑤(ちはくよう)、趙 韓 魏を率ゐて范 中行を伐ち、之を滅す。
反帰して兵を休むること数年。因(よ)りて人をして地を韓に請はしむ。
韓康子(かんこうし)、与ふる勿(なか)らんと欲す。
段規(だんき)諫めて曰く、与へざる可からず。夫(そ)れ智伯の人と為(な)りや、利を好みて騖愎(ごうふく)。彼れ来たりて地を請ふ。而して与へずんば、則ち兵を韓に移すこと必せり。君其れ之を与へよ。之を与ふれば彼れ狃(な)れ、又将(まさ)に地を他国に請はんとす。他国且(まさ)に聴かざる有らんとす。
聴かずんば則ち智伯必ず之に兵を加へん。是(かく)の如くんば、韓以て患に免れて、其の事の変を待つ可し、と。
康子曰く、諾、と。
因(よ)りて使者をして万家の県 一つを智伯に致さしむ。
智伯説(よろこ)ぶ。

又人をして地を魏に請はしむ。
宣子(せんし)、与ふる勿(なか)らんと欲す。
趙葭(ちょうか)諫めて曰く、彼れ地を韓に請ふ。韓、之に与へたり。今、地を魏に請ふ。魏、与へずんば、則ち是れ魏、内(うち)自ら強くして、外(そと)智伯を怒らすなり。如(も)し予(あた)へずんば、其の兵を魏に措(お)く必せり、之に与ふるに如かず。
宣子曰く、諾、と。
因(よ)りて人をして万家の県 一つを智伯に致さしむ。
智伯又人をして趙に之(ゆ)き蔡 皐狼(こうろう)の地を請はしむ。
趙襄子(ちょうじょうし)与へず。
智伯因(よ)りて陰(ひそ)かに韓魏に約し、将(まさ)に以て趙を伐たんとす。
襄子、張孟談(ちょうもうだん)を召して之に告げて曰く、夫(そ)れ智伯の人と為(な)りや、陽に規(したし)くして陰に疎なり。三(み)たび韓魏に使(つかひ)し、寡人、与(あずか)らず。其の兵を寡人に措(お)く、必せり。今、吾安(いづ)くに居りて可ならん、と。
張孟談曰く、夫(そ)れ董閼于(とうえんう)は簡主の才臣なり。其の晋陽を治めて尹鐸(いんたく)之に循(したが)ふ。其の余教猶(な)ほ存す。君其れ居を晋陽に定めんのみ、と。
君曰く、諾、と。

乃ち延陵生(えんりょうせい)を召し、軍車騎を将(ひきい)て先(ま)づ晋陽に至らしむ。
君因(よ)りて之に従ふ。
君至りて其の城郭及び五官の蔵を行(めぐ)る。城郭治まらず。倉に積粟(せきぞく)無く、府に儲銭(ちょせん)無く、庫に甲兵無く、邑(ゆう)に守具無し。
襄子 懼る。
乃ち張孟談を召して曰く、寡人、城郭及び五官の蔵を行(めぐ)る。皆、備具せず。吾将(まさ)に何を以て敵に応ぜんとす、と。
張孟談曰く、臣聞く。聖人の治は臣(たみ)に蔵し、府庫に蔵せず、務めて其の教(おしへ)を修め、城郭を治めず、と。
君其れ令を出(いだ)し、民をして自ら三年の食を遺(あま)し、余粟有る者、之を倉に入れ、三年の用を遺(あま)し、余銭有る者、之を府に入れ、遺(して)奇人有る者、城郭の繕(ぜん)を治めせしめよ、と。
君、夕に令を出し、明日(めいじつ)倉、粟を容(い)れず、府、銭を積むべき無く、庫、甲兵を受けず。
居ること五日にして、城郭已に治まり、守備已に具す。

君、張孟談を召して之に問ひて曰く、吾が城郭に已に治まり、守備已に具し、銭粟已に足り、甲兵余り有り。吾箭(や)無きを奈何(いか)ん、と。
張孟談曰く、臣聞く、董子(とうし)の晋陽を治むるや、公宮の垣(かき)、皆、荻蒿楛楚(てきこうこそ)を以て之に牆(しょう)す。楛(こ)有り、高さ丈に至る、と。君発して之を用ひよ、と。
是(ここ)に於いて発して之を試む。
其の堅は則ち箘輅(きんろ)の勁(つよし)と雖も、過ぐる能はざるなり。

君曰く、吾が箭(や)已に足る。金無きを奈何、と。
張孟談曰く、臣聞く、董子(とうし)の晋陽を治むるや、公宮令舎の堂、皆、錬銅を以て柱質(ちゅうしつ)と為す、と。君発して之を用ひよ、と。
是(ここ)に於いて発して之を用ふ。余金有り。
号令已に定まり、守備已に具(そなは)る。

三国の兵、果たして至る。
至れば則ち晋陽の城に乗じ、遂に戦ふこと三月。抜く能はず。
因(よ)りて軍を舒(ゆる)めて之を囲む。晋陽の水を決して以て之に灌(そそ)ぐ。
晋陽を囲むこと三年。
城中巣居(そうきょ)して処(お)る。
釜を懸けて炊(かし)ぐ。財食将(まさ)に尽きんとす。士大夫羸病(るいへい)す。
襄子、張孟談に謂ひて曰く、糧食匱(とぼし)く、財力尽き、士大夫羸病(るいへい)す。吾、恐らくは守る能はず。城を以て下(くだ)らんと欲す。何(いづ)れの国か之れ下(くだ)る可き、と。
張孟談曰く、臣之を聞く。亡びんとして存する能はず、危くして安んずる能はずんば、則ち智を貴ぶを為す無し、と。君、此の計を失ふ。臣請ふ、試みに潜行して出で、韓魏の君に見(まみ)えん、と。

張孟談、韓魏の君に見(まみ)えて曰く、臣聞く、脣亡びて歯寒し、と。今、智伯、二君を率ゐて趙を伐つ。趙、将(まさ)に亡びんとす。趙亡びば則ち之が次と為(な)らん、と。
二君曰く、我、其の然るを知るなり。然りと雖も智伯の人と為(な)りや、麤中(そちゅう)にして親(しん)少なく、我、謀りて而(も)し覚(あらは)るれば、則ち其の禍、必ず至らん。之を為す奈何、と。
張孟談曰く、謀、二君の口を出でて臣の耳に入る。人、之を知る莫(な)きなり、と。
二君因(よ)りて張孟談と三軍の反を約し、之と日を期す。
夜、孟談を遣りて晋陽に入り、以て二君の反を襄子に報ず。
襄子、孟談を迎へて之を再拝し、且(か)つ恐れ、且(か)つ喜ぶ。

二君以(すで)に約して張孟談を遣り、因(よ)りて智伯に朝(ちょう)して出づ。
智過に轅門の外に遇う。
智過、其の色を怪しみ、因(よ)りて入りて智伯を見て曰く、二君の貌(ぼう)将(まさ)に変有らんとす、と。
君曰く、何如、と。
其の行くこと矜(きょう)にして意 高し。他時の節に非(あらざ)るなり。君之に先だつに如かず、と。
君曰く、吾、二主と約する謹めり。趙を破りて其の地を三分す。寡人、之を親しむ所以、必ず侵欺(しんぎ)せず。兵の晋陽に著(つ)くこと三年、今、旦暮(たんぼ)に将(まさ)に之を抜きて其の利を嚮(う)けんとす。何ぞ乃ち将(は)た他心有らん。必ず然らず。子、釈(す)てて憂ふる勿(なか)れ。口に出(いだ)す勿れ、と。

明旦、二主又朝(ちょう)して出(い)づ。
復(ま)た智過を轅門に見る。
智過入りて見(まみ)えて曰く、君、臣の言を以て二主に告げたるか、と。
君曰く、何を以て之を知る、と。
曰く、今日、二主朝(ちょう)して出(い)づ。臣を見て其の色動く。而して視、臣に属せり。此れ必ず変有らん。君、之を殺すに如かず、と。
君曰く、子、置け。復(ま)た言ふ勿(なか)れ、と。
智過曰く、不可。必ず之を殺せ。若(も)し殺す能はずんば、遂に之を親しめ、と。
君曰く、之を親しむこと奈何(いかん)と。
智過曰く、魏宣子の謀臣を趙葭(ちょうか)と曰ひ、韓康子の謀臣を叚規(かき)と曰ふ。此れ皆能(よ)く其の君の計を移す。君、其の二君と約せよ。趙国を破らば、因(よ)りて二子を封ずるに、各(おの)おの万家の県一をもってせん、と。是(か)くの如くんば則ち二主の心、以て変無かる可し、と。
智伯曰く、趙を破りて其の地を三分し、又二子を封(ほう)ずるに万家の県一をもってせば、則ち吾、得る所の者少なし。不可なり、と。
智過、其の言の聴かれざるを見るや、出(い)づ。
因(よ)りて其の族を更(あらた)めて、輔(ほ)氏と為す。

期日の夜に至り、趙氏、其の守堤の吏を殺して其の水を決し、智伯の軍に灌ぐ。智伯の軍、水を救ひて乱る。
韓魏、翼して之を撃つ。
襄子、卒を将(ひき)ゐて其の前を犯し、大いに智伯の軍を敗(やぶ)る。
而して智伯を擒(とりこ)にす。
智伯、身死し軍破る。
国分れて三と為り、天下の笑と為る。

故に曰く、貪愎(たんぷく)利を好むは、則ち国を滅し身を殺すの本(もと)なり、と。



奚(なに)をか女楽に耽ると謂ふ。
昔者(むかし)、戎王、由余をして秦に聘(へい)せしむ。
穆公之に問ひて曰く、寡人嘗て道を聞く。而して未(いま)だ目に之を見るを得ざるなり。願(ねがは)くは、古の明主、国を得、国を失ふ、何の常を以てするかを聞かん、と。
由余対(こた)へて曰く、臣嘗て之を聞くを得たり。常に倹を以て之を得、奢(しゃ)を以て之を失ふ、と。
穆公曰く、寡人辱(は)ぢずして、道を子に問ふ。子、倹を以て寡人に対(こた)ふるは何ぞや、と。
由余対(こた)へて曰く、臣聞く。昔者(むかし)堯 天下を有(たも)つ、土簋(どき)に飯し、土鉶(どけい)に飲み、其の地、南 交趾に至り、北 幽都に至り、東西 日月の出入りする所の者に至るまで、賓服(ひんぷく)せざる莫し。
堯 天下を禅(ゆず)り、虞舜 之を受け、食器を作為し、山木を斬りて之を財とす。削鋸(さくきょ)之が迹(あと)を修して、漆墨を其の上に流し、之を宮に輸(いた)し、以て食器と為す。諸侯以て益(ます)ます侈(おご)ると為し、国の服せざる者、十三。
舜、天下を禅(ゆず)りて、之を禹に伝ふ。禹、祭器を作為す。其の外を墨染して、其の内を朱画し、縵帛(まんぱく)を茵(しとね)と為し、蒋席(しょうせき) 頗縁(はえん)し、觴酌(しょうしゃく) 采(さい)有り、而して樽俎(そんそ) 飾り有り。此れ弥(いよ)いよ侈(おご)る。而して国の服せざる者、三十三。
夏后氏(かこうし)没し、殷人 之を受く。大路(たいろ)を作為して、九旒(きゅうりゅう)を建つ。食器は雕琢(ちょうたく)し、觴酌(しょうしゃく)は刻鏤(こくる)す。四壁 堊墀(あくち)、茵席(いんせき) 彫文、此れ弥(いよ)いよ侈(おご)る。而して国の服せざる者、五十三。
君子皆文章を知る。而して服を欲する者、弥(いよ)いよ少なし。臣故に曰く、倹は其の道なり、と。
由余出(い)づ。

公 乃ち内史(ないし)廖(りょう)を召して、之に告げて曰く、寡人聞く。隣国に聖人有るは、敵国の憂なり、と。今、由余は聖人なり。寡人之を患(うれ)ふ。吾将(まさ)に奈何(いかん)せんとす、と。
内史廖曰く、臣聞く。戎王の居、僻陋(へきろう)にして道遠し。未(いま)だ中国の声を聞かず。君、其れ之に女楽を遣(おく)り、以て其の政を乱し、而(しか)る後に由余の為に期を請ひ、以て其の諫を疎んぜよ。彼(か)の君臣に間有りて、而して後、図る可きなり、と。
君曰く、諾、と。
乃ち史廖をして女楽二八を以て戎王に遣(おく)らしむ。因(よ)りて由余の為に期を請ふ。
戎王許諾す。
其の女楽を見て之を説(よろこ)び、酒を設け飲を張り、日に以て楽を聴き、終歳遷(うつ)らず、牛馬半(なか)ば死せり。
由余帰る。因(よ)りて戎王を諫む。戎王聴かず。
由余遂に去りて秦に之(ゆ)く。
秦穆公迎へて之を上卿に拝し、其の兵勢と其の地形とを問ひ、既に以(すで)に之を得、兵を挙げて之を伐ち、国を兼ぬる十二。地を開く千里。

故に曰く、女楽に耽り、国政を顧みざるは、国を亡(ほろぼ)すの禍なり、と。



奚(なに)をか内を離れ遠遊すと謂ふ。
昔者(むかし)、田成子、海に遊びて之を楽しむ。
諸大夫に号令して曰く、帰を言ふ者は死なん、と。
顔涿聚(がんたくしゅう)曰く、君、海に遊びて之を楽しむ。臣の国を図る者有るを奈何(いかん)せん。君、之を楽しむと雖も、将(は)た安(いずくん)ぞ得ん、と。
田成子曰く、寡人 令を布(し)きて、帰を言ふ者 死なん、と曰へり。今、子、寡人の令を犯す、と。
戈を援(ひ)きて将(まさ)に之を撃たんとす。
顔涿聚(がんたくしゅう)曰く、昔、桀、関龍逢(かんりょうほう)を殺し、紂、王子比干(ひかん)を殺す。今、君、臣の身を殺して以て之を三にすと雖も可なり。臣の言は国の為にす。身の為にするに非(あらざ)るなり、と。
頸を延べて前(すす)みて曰く、君、之を撃て、と。
君乃ち戈を釈(す)て駕を趣(うなが)して帰る。
至ること三日にして、国人、田成子を内(い)れざるを謀る者有るを聞く。
田成子遂に斉国を有(たも)つ所以(ゆえん)の者、顔涿聚の力なり。

故に曰く、内を離れ遠遊するは、則ち身を危くするの道なり、と。



奚(なに)をか過ちて忠臣に聴かずと謂ふ。
昔者(むかし)、斉 桓公、諸侯を九合し、天下を一匡(きょう)し、五伯の長と為(な)る。
管仲之を佐(たす)く。
管仲老い、事を用ふる能はずして、家に休居す。
桓公従ひて之に問ひて曰く、仲父(ちゅうほ)家居して病有り。即(も)し不幸にして此の病より起きずんば、政 安(いづ)くに之を遷(うつ)さん、と。
管仲曰く、臣老いたり。問ふ可からざるなり。然りと雖も臣之を聞く。臣を知るは君に若(し)くは莫(な)し。子を知るは父に若(し)くは莫(な)し、と。君其れ試みに心を以て之を決せよ、と。

君曰く、鮑叔牙は何如(いかん)、と。
管仲曰く、不可なり。鮑叔牙の人と為り、剛愎(ごうふく)にして悍(かん)を上(たっと)ぶ。剛なれば則ち民を犯すに暴を以てす。愎なれば則ち民心を得ず。悍なれば則ち下 用を為さず。其の心 懼(おそ)れず、覇者の佐に非(あら)ざるなり、と。

公曰く、然らば則ち豎刁(じゅちょう)は何如(いかん)、と。
管仲曰く、不可なり。夫(そ)れ人の情、其の身を愛せざる莫(な)し。公、妬(と)にして内を好む。豎刁、自ら獖(ふん)し、以て為に内を治む。其の身すら愛せず。又安(いづくん)ぞ能(よ)く君を愛せん、と。

公曰く、然らば則ち公子開方は何如(いかん)、と。
管仲曰く、不可なり。斉 衛の間、十日の行に過ぎず、開方、君に事(つか)へて君に適せんと欲する為めの故に、十五年帰りて其の父母に見えず。此れ人情に非ざるなり。其れ父母を之れ親しまざるなり。又(また)能(よ)く君を親しまんや、と。

公曰く、然らば則ち易牙は何如(いかん)、と。
管仲曰く、不可なり。夫(そ)れ易牙、君の為に味を主(つかさど)る。君の未(いま)だ嘗て食はざる所は、唯だ人肉のみ。易牙、其の首子を蒸して之を進む。君の知る所なり。人の情、其の子を愛せざる莫し。今、其の子を蒸して以て膳を君に為す。其の子すら愛せず。又(また)安(いづくん)ぞ能(よ)く君を愛せんや、と。

公曰く、然らば則ち孰(た)れか可なる、と。
管仲曰く、隰朋(しゅうほう)可なり。其の人と為(な)りや、堅中にして廉外なり。少欲にして多信なり。夫(そ)れ堅中なれば則ち以て表と為すに足る。廉外なれば則ち以て大任す可し。少欲なれば則ち能(よ)く其の衆に臨む。多信なれば則ち能(よ)く隣国に親しむ。此れ覇者の佐なり。君其れ之を用ひよ、と。
君曰く、諾、と。

居ること一年余、管仲死す。
君遂に隰朋を用ひずして豎刁に与ふ。
刁(ちょう)、事に蒞(のぞ)むこと三年。
桓公、南 堂阜(どうふ)に遊ぶ。豎刁、易牙 衛公子開方及び大臣を率ゐて乱を為す。
桓公、渇餒(かつだい)して南門の寝、公守の室に死す。身死して三月収めず、蟲 戸より出(い)づ。

故に桓公の兵、天下に横行し、五伯の長と為り、卒(つひ)に其の臣に弑せらる。
而して高名を滅し、天下の笑と為る者は何ぞや。管仲を用ひざるの過なり。

故に曰く、過ちて忠臣に聴かず、独り其の意を行はば、則ち其の高名を滅し、人の笑と為るの始めなり、と。



奚(なに)をか内 力を量(はか)らずと謂ふ。
昔者(むかし)、秦の宜陽(ぎよう)を攻むる。韓氏急なり。
公仲朋(こうちゅうほう)韓君に謂ひて曰く、与国は恃(たの)む可からざるなり。豈(あ)に張儀(ちょうぎ)に因(よ)りて和を秦に為すに如(し)かんや。因(よ)りて賂(まひな)ふに名都を以てし、而して南 与(とも)に楚を伐たん。是れ患(うれひ)秦に解けて、害 楚に交(か)はるなり、と。
公曰く、善し、と。

乃ち公仲の行を警(いまし)め、将(まさ)に西 秦に和せんとす。
楚王之を聞きて懼(おそ)れ、陳軫(ちんしん)を召して之に告げて曰く、韓朋 将(まさ)に西 秦に和せんとす。今将(まさ)に奈何(いかん)せんとす、と。
陳軫(ちんしん)曰く、秦、韓の都を得て、其の錬甲を駆る。秦韓一と為り、以て南、楚に郷(むか)ふ。此れ秦王の廟祠(びょうし)して求むる所以なり。其れ楚の害を為すは必せり。王其れ趣(すみやか)に信臣を発し、其の車を多くし、其の幣を重くし、以て韓に奉じて、不穀の国、小と雖も、卒(そつ)已に悉く起こる。願はくは大国の意、秦に信(ゆる)くせんことを。因(より)て願ふ大国、使者をして境に入らしめ、楚の卒を起こすを視せしめんことを、と曰はしめよ、と。

韓、人をして楚に之(ゆ)かしむ。
楚王因(よ)りて車騎を発し、之を下路(かろ)に陳す。
韓の使者に謂ひて曰く、韓君に報じて言へ。弊邑(へいゆう)の兵、今将(まさ)に境に入らんとす、と。
使者還りて韓君に報ず。韓君大に説(よろこ)び、公仲を止(とど)む。
公仲曰く、不可なり。夫(そ)れ実を以て我に告ぐる者は秦なり。名を以て我を救ふ者は楚なり。楚の虚言を聴きて軽く強秦の実禍を誣(あなど)るは、則ち国を危くするの本(もと)なり、と。
韓の君、聴かず。
公仲怒りて帰り、十日朝(ちょう)せず。
宜陽益(ます)ます急なり。
韓君、使者をして卒を楚に趣(うなが)さしむ。
冠蓋(かんがい)相望みて、卒(つひ)に至る者無し。
宜陽果たして抜かれ、諸侯の笑と為る。

故に曰く、内 力を量(はか)らずして、外 諸侯を恃む者、則ち国削らるるの患なり。



奚(なに)をか国 小にして礼無しと謂ふ。
昔者(むかし)、晋公子 重耳、出亡す。曹に過ぎる。
曹君、袒裼(たんせき)せしめて之を観る。
釐負羈(きふき)と叔瞻(しゅくせん)と前に侍す。
叔瞻、曹君に謂ひて曰く、臣、晋公子を観るに、常人に非(あらざ)るなり。君、之を遇するに礼無し。彼若(も)し時有りて国に反(かへ)りて兵を起こさば、即ち恐らくは曹の傷を為さん。君、之を殺すに如(し)かず、と。
曹君聴かず。

釐負羈帰りて楽しまず。
其の妻、之に問ひて曰く、公、外從(よ)り来たりて楽しまざるの色有るは何ぞや、と。
負羈(ふき)曰く、吾之を聞く。有り、及ばず。禍来たりて我に連なる、と。今日、吾が君、晋公子を召(まね)く。其れ之を遇する、礼無し。我、与(あずか)りて前に有り。吾、是を以て楽しまず、と。
其の妻曰く、吾、晋公子を観るに、万乗の主なり。其の左右の従者は、万乗の相なり。今、窮して出亡し、曹に過(よ)ぎる。曹、之を遇する、礼無し。此れ若(も)し国に反(かへ)らば、必ず無礼を誅せん。則ち曹は其の首なり。子、奚(なん)ぞ先(ま)づ自ら弐(じ)せざる、と。
負羈曰く、諾、と。
黄金を壺に盛り、之に充つるに餐(さん)を以てし、璧を其の上に加へ、夜、人をして公子に遺(おく)らしむ。
公子、使者を見て再拝し、其の餐を受けて、其の璧を辞す。

公子、曹より楚に入り、楚より秦に入る。
秦に入ること三年。
秦の穆公、群臣を召して謀りて曰く、昔者(むかし)、晋 献公、寡人と交はる。諸侯聞かざる莫し。献公、不幸にして群臣を離る。出入十年。其の嗣子、善からず。吾恐(おそ)る、此れ将(まさ)に其の宗廟をして祓除(ふつじょ)せず、社稷をして血食せざらしめんとす。是の如くにして定めずんば、則ち人と交はるの道に非(あら)ず。吾、重耳を輔(たす)けて之を晋に入れんと欲す。何如、と。
群臣皆曰く、善し、と。
公因(よ)りて卒を起こす。
革車(かくしゃ)五百乗、疇騎二千、歩卒五万、重耳を輔けて之を晋に入れ、立てて晋君と為す。

重耳、位に即(つ)きて三年、兵を挙げて曹を伐つ。
因(よ)りて人をして曹君に告げしめて曰く、叔瞻を懸(か)けて之を出(いだ)せ。我、且(まさ)に以て大戮を為さんとす、と。
又(また)人をして釐負羈に告げしめて曰く、軍旅 城に薄(せま)る。吾、子の違(そむ)かざるを知る。其れ子の閭(りょ)に表せよ。寡人、将(まさ)に以て令を為して、軍をして敢へて犯す勿(なか)らしめんとす、と。
曹人 之を聞き、其の親戚を率ゐて釐負羈の閭を保する者、七百余家。
此れ礼の用ふる所なり。
故に曹は小国なり、而して晋楚の間に迫る。
其の君の危(あやふ)き、猶(な)ほ累卵のごとし。
而して無礼を以て之に蒞(のぞ)む。此れ世を絶つ所以なり。

故に曰く、国小にして礼無く、諫臣を用ひざるは、則ち世を絶つの勢なり、と。